2017-05-23

Paytmは、5月に支払い銀行スタート。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは2017年05月17日に、Bharti Airtelがインドで最初に全国的なサービスを開始した4ヶ月後に、インドに本部を置いたモバイル財布会社Paytmは、2017年05月23日に、その予期されている支払い銀行をスタートしたと報告した。

Paytmは、会社創立者ビジャ・シェカール・シャルマ(Vijay Shekhar Sharma)以来、その手近な支払い銀行の可能性を規則的に実現し。2015年04月に暫定的なライセンスがRBI(Reserve Bank of India/インド準備銀行)から与えられた。2017年01月に、PaytmのCFOマドゥール・デオラ(MadhurDeora)は、新しいサービスで、会社が5億人の顧客の目標に達することを手助けする支援者のうちの1人であると言った。

[AD] You can advertise on this site.

銀行は国中いたるところでスタートし、新しいPaytm Payments BankのCEOレーヌ・サティ(Renu Satti)により導かれる。

Paytmは、支払い銀行として、国の未貯金であったアクセスの流れ、および制限預金普通預金口座(limited-deposit savings accounts)を与えるためにRBIにより考案された計画を開発するライセンスを与えられる多くの会社のうちの1つであった。

Airtelは、国の最初のサービスを、その最初の2ヶ月で100万人を超える顧客をラージャスターン地域(Rajasthan region)に引き付けたパイロットの成功を継続して1月に乗り出した。

今までのところ、他のプロバイダーは、暫定的なライセンスがボーダフォン・インド(Vodafone India)とアイデア携帯電話(Idea Cellular)を含むと認めたけれども、それらの操作を合併するためにライバルは全然スタートしなかった。

Paytmは書かれたステートメントにおいて、「Paytm Payments Bankという中心的な任務は、インドの応対されていなサービスが行き届いていないコミュニティの要件に供し、それらを主流経済にもたらすことである。私達は、Paytm Payments Bankをすぐすべての私達のユーザーに利用可能にすることを楽しみにしている。」言った。

いよいよ、インドの巨大市場でモバイル・マネーが動き出した。

2017-04-19---ソフトバンクはPaytm投資としてUS$15億で熟考!
2017-01-24---Paytmの信用銀行サービスは、ユーザー目標が5億人。
2017-01-05---2016年に、Paytmモバイル財布トランザクションが10億を記録。
2016-12-21---PayPalは、Paytmブランドを塞ぐことに努める。
2016-12-20----Samsung Pay、2017年第1半期にインドでスタートを設定!
2016-12-14---インドのオペレータは、キャッシュレス経済を要求。
2016-12-12---Bharti Airtelの新モバイル・バンキング・サービスで10万人顧客。
2016-12-07---インドのカードターミナル不足はモバイルの支払いのドアを開く。
2016-12-05---Reliance Industriesは、支払いを押す。
2016-12-01---Reliance Industriesは、新しいペイメントを押す!
2015-06-12---インドのJioも、モバイル・マネーのスタートを設定した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.