2017-05-30

Uber、自動運転車開発部門の幹部を解雇!

犯罪と裁判

日本経済新聞 電子版は2017年05月31日に、米国のウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies)は2017年05月30日に、同社の自動運転車開発部門を率いてきたアンソニー・レバンドウスキー(Anthony Levandowski)副社長を解雇したことを明らかにした。

米国のGoogleの自動運転車開発部門が独立したウェイモ(Waymo)は2017年02月23日に、主要な技術者の一人だったレバンドウスキーがグーグルを退職する前に、中核部品の設計図など約1万4000点の関連資料を盗み出し、Uberに持ち込んだとして雇用主のUberを提訴した。

[AD] You can advertise on this site.

Uberは「自動運転車の技術は自前で開発したものだ」と反論しているが、レバンドウスキーが社内調査への協力や問題の資料の裁判所への提出を拒否していたため、解雇に踏み切った。

これに似たことが、PayPalとGoogleの間でも起こっている。

大企業が、産業スパイを多額で雇うことは、危険である。
社会的にも信用をなくす!

Uberは将来、Googleの技術を買うこともできなくなる。

2017-04-11---Uber、不祥事相次ぎ、幹部の離反も相次ぐ。
2017-03-20---米国では、自動運転車の技術を得ようと人材引き抜きや企業買収が相次ぐ!?
2017-02-23---Googleの持ち株会社アルファベット、Uberを窃盗で提訴。
2015-04-09---Ex-Googlerオサマ・ベディエは、金持ちを渡り歩く?
2014-10-30---Google財布の元トップは、Poyntと呼ばれる会社に帰ってきた。
2014-07-21---操業開始Payrangeは管理者として、前Google幹部を発表。
2014-02-12---元Googleウォレットのチーフは、資金の潤沢な操業開始に参加。
2014-01-17---モバイルペンイメント・サービスのWePayは。US$1500万を集めた。
2013-11-21---Google、物理的な支払いカードで戻ってきた。
2013-11-20---Google Walletの創設者は、新しいベンチャーでUS$700万を獲得。
2013-10-25---『5人のギャング』は、モバイル財布レースで銀行より良い位置を確保。
2013-09-18---Googleは、新しいウォレット・リバイバルに期待している。
2013-08-12---Googleは、モバイル財布でNFCによるギフトとロイヤリティカードを終了。
2013-05-13---Googleウォレットの高いハードル。
2013-05-13---Google、クレジットカード計画を廃棄、または延期。
2013-05-09---Google財布のチーフが辞任。
2013-03-25---Citiが、Google Walletから学習したもの。
2012-07-02---Twitterは、古いさえずりを渡すように命じられた。
2012-05-09---Twitter、米国の裁判所命令に反抗!
2011-10-20---ウォール・ストリートは自爆、第2次世界大戦以降で最悪!
2011-10-19---Occupy Wall Streetが、占領ウォール・ストリート・ジャーナル発刊した!
2011-10-15---世界中で金融危機に対する抗議「Occupy Wall St.」が起こった。
2011-05-27---PayPalは、Googleモバイル財布を起訴!

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.