on-the-time.jp

2017年05月30日

マツダ、電気や水素ロータリーエンジン開発中!?

アートスポーツ

毎日新聞は、マツダが世界で初めて量産化したRE(Rotary Engine/ロータリーエンジン)を搭載した「コスモスポーツ」を1967年に発売してから30日で50年となった。

燃費性能が芳しくなく、2012年に生産を終了したが、マツダはREを技術力の象徴と位置づけ、今も研究開発を継続中。EV(Electric Vehicle/電気自動車)に載せる発電用エンジンや、水素を燃料とする新型エンジンとしての「復活」が期待されていると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

マツダは2017年05月30日の取材に対して、「次世代REの詳細については適切な時期に公表します。」とコメントした。次期モデルの販売時期などは「未定」という。

REは、貿易自由化を控えた1960年代初め、輸入車との競争に備えて通商産業省(現経済産業省)が業界再編の方針を打ち出す中で、東洋工業(現マツダ)が生き残りをかけて量産化に挑んだ独自技術の結晶だった。

排ガス規制の強化とともに、燃費性能の低さが課題となり、生産終了に追い込まれたが、現在もマツダが世界に誇る技術力の代名詞として知られている。

マツダが当面の実用化を目指すのは、EVで走行中、電池の残量が減った際に発電して走行距離を伸ばすための「補助エンジン」としての活用である。
小型・軽量なREの特徴を生かし、コンパクトに搭載できる利点がある。燃料に水素を使うことで二酸化炭素(CO2)の排出量を抑えた「水素RE」も開発中で、既存のエンジン部品や生産設備を活用でき、将来的にコストを抑えた生産も可能といいう。

一方、かつて人気を博したREスポーツカーの復活も期待される。マツダは2015年の東京モーターショー(MS)で、REを搭載した試作スポーツカーを発表した。REの課題である燃費や排ガス性能を大幅に高める新技術を開発中としており、自動車産業に詳しいナカニシ自動車産業リサーチ代表中西孝樹は「今秋の東京MSで大きな方向性が示されるのではないか」と指摘する。

だが、環境規制への対応など技術的なハードルはクリアできても、収益性を伴った事業として確立できるかどうかが課題になる。

現在もREの研究開発を続けているのはマツダの他には世界でドイツのアウディくらいで、実用化にこぎつけても少量生産にとどまる可能性が高い。「マツダがブランドを支える大きなシンボルとしてREを活用していくには、スポーツカーよりもEVの補助エンジンや水素REの実用化が主眼になるだろう」と、中西孝樹の見方が大勢となっている。

その前に、マツダが倒産するのではないだろうか?
これまでに何度、マツダの倒産が話題になったことか!

1991年のル・マン24時間レースで総合優勝。
2008年のデイトナ24時間レースのGTクラスでRX-8がクラス優勝。

2017-05-29---日本車が爆弾に改造される街。
1991-06-23---ル・マン24時間耐久レースでマツダ87Bが日本車として初めて優勝。
1902-08-13---ロータリーエンジン発明者フェリックス・ヴァンケルが生まれた。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。