gaYa広告

2017年05月29日

パナマのマヌエル・ノリエガ元将軍が死去。

人物麻薬とメディア

AFPは2017年05月30日に、中米パナマで1980年代に軍事独裁政権を率いたマヌエル・ノリエガ(Manuel Noriega)元将軍が2017年05月29日夜、83歳で首都パナマ市(Panama City)で死去したとパナマ政府が報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

マヌエル・ノリエガは、病院で脳腫瘍の治療中だった。

マヌエル・ノリエガは、1983年から軍事政権を率いたが、米国による軍事介入で1989年に政権の座を追われた。

しかし、これは、内政干渉である。

2012-02-06---パナマ前リーダーのノリエガ元将軍は病院へ連れて行かれた。
2011-12-11---元パナマ大将軍ノリエガが、パナマに帰る!
2011-06-20---フランスは、元ノリエガ将軍をパナマへ送還する準備中!
2011-01-12---パナマが再度、元独裁者ノリエガの送還を要求!
2010-04-26---米国は、ノリエガをフランスへ引き渡した。
2007-01-22---米国は麻薬取り締まりを緩和している!
1989-12-20---米国軍がマヌエル・ノリエガ政府打倒でパナマに侵入した。
1988-02-04---パナマのマヌエル・ノリエガ将軍を米国大陪審が起訴した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。