gaYa広告

2017年05月17日

LevelUpは、US$5000万の投資を確実にした。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、米国モバイル支払いを始めたLevelUpは、国中いたるところでサービスを拡張し、その人員を増大させて、製品をさらに開発するために、新しいUS$5000万の出資を用いると報告した。

第一に食物アウトレットをめざすAppは、モバイル支払いとリモート注文をロイヤリティ・カード機能と結合する。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

そのAppベースのサービスに加えて、LevelUpは、パーソナル化を改善するために、顧客経験を強化する小売店に分析プラットフォームを提供すると言った。

その最新の出資で成功したものはJP Morgan ChaseとUS Bostonを含む、既存の投資会社から拡大した。前の投資者はGoogleのベンチャー・キャピタルアーム(Google’s venture capital arm)も含んでいた。

LevelUpは現在米国全土で200のブランドによって働き、そのテクノロジーはChase Pay、JP Morgan Chaseの支払いアプリに組み込まれた。

ブログにおいて会社の進歩を議論することによって、LevelUp創立者セス・プリバティッシュ(Seth Priebatsch)は「今日の発表により、私達がレストランによって全国的にした仕事が補強される。最近の10年の上の投資者との私の会話において、私は、いつも、テクノロジーと外食産業への私達の熱狂を共有するパートナーを見つけることを中心に行った。」
「それらは強い金融バックを会社にもたらすだけではなく、それらの顧客にいっそう多くの価値を提供するために、それらのうちのいくつかが私達のプラットフォームも使用している。」と言った。

2月にアナリスト会社Ovumにより出版された研究によると、ロイヤリティ・サービスを追加することによって、LevelUpの提案は、キードライバーのうちの1人と支払いアプリの成長に考えられる傾向を活用するように見ると言った。

まだまだ、モバイル・マネーの世界は,新規参入を許す空間が残っている。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。