gaYa広告

2017年05月23日

ツタンカーメンの大引っ越し!

超過去アート人物

ArtDailyは、AFPからの情報として、エジプトに首都カイロでは、ツタンカーメン(Tutankhamun)のベッド、古代戦車などが、カイロの大通りを引っ越していった。

エジプトに首都カイロの中心地にあったエジプト博物館(Egyptian Museum)から、ピラミッドの近く、カイロの郊外で新しく建設された雄大エジプト博物館(The Grand Egyptian Museum)に移されている間、2017年5月23日にエジプト少年王ツタンカーメンの古代戦車が、カイロ(Cairo)の町を移動していった。

雄大エジプト博物館の建設は、US$10億より多く必要であった。
また、予定より遅れた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

1922年に、ルクソールの南の王家の谷(Valley of the Kings in Luxor)で発見されたツタンカーメンの宝物は100,000より多く遺物で、2018年に4,500個以上で、オープンすることが予定されてる。

しかし、若いファラオのミイラは、輸送するにはもろすぎるので、彼の墓にとどまると伝えている。

そういえば、私がエジプトのエジプト博物館でツタンカーメンを見たとき、同時にオーストリアでもツタンカーメン展が開催されていた。

そこで、パピルス研究所の教授ハッサン博士に、どうなっているんだと聞いたら、オリジナル以外にレプリカが3体あり、オリジナルは、エジプト博物館の地下にある。
1体のレプリカはカイロにエジプト博物館に展示してある。もう1体は王家の谷の墓にある。残りの1体は世界中で展示されていると聞いた。

「じゃ!俺たちは、オリジナルは見ることはないのか?」と聞いたら、「そういうことだ。」と話してくれた。

そうなると、今引っ越しているには、どのツタンカーメンなのだろう?という新たな疑問が湧いてきた。

ツタンカーメンのミステリーは、永遠に解明できない。

これから数年間は、エジプトに行っても博物館は期待できない。

エジプトのカイロにあるエジプト博物館(Egyptian Museum in Cairo)のGoogle Earthポインター情報
30°02'51.5"N 31°14'01.0"E
または、
30.047653, 31.233614

「王家の谷」Google Earthポインター情報
25°43'39.58"N, 32°35'33.06"E
または、
25.727661, 32.592517

雄大エジプト博物館(The Grand Egyptian Museum)の緯度、経度
29°59'40.0"N 31°07'11.0"E
または、
29.994444, 31.119722

2016-05-08---ツタンカーメン王の墓の「隠し部屋」、専門家ら異議!
2016-03-17---ツタンカーメンの墓が、複数の秘密の室を持っている。
2015-11-28---ツタンカーメン王の金マスクは、ネフェルティティのために作られた!?
2015-01-21---ツタンカーメンのあごひげはエポキシ樹脂で接着。
2013-11-11---ツタンカーメン王のミイラは、自然発火で燃えていた。
2013-02-09---ネフェルティティの素顔?
2013-02-03---ツタンカーメンの顔 ?
2011-04-17---ツタンカーメンのトランペット「Tut's toot」!
2010-11-10---ツタンカーメン王の副葬品、エジプトに返還。
2010-02-16---ツタンカーメン王は近親相姦で生まれ、マラリアで死亡。
2010-01-31---ツタンカーメンのDNA鑑定結果、2010年2月17日に発表予定。
2009-12-20---エジプト、ネフェルティティ像の返還を正式要求!
1923-02-16---カーターが「ツタンカーメン(Tutankhamun)」の埋葬室を開けた。
1922-11-26---「ツタンカーメン(Tutankhamun)」の墓の中を世界で最初に見た。
1922-11-04---「ツタンカーメン(Tutankhamun)」の王墓発見。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。