2017年05月23日

日立、メインフレームのハード開発から撤退。

未来

日本経済新聞 電子版は、日立製作所はメインフレームのハードウェア開発から撤退すると発表したと報告した。

今後のメインフレームのハードウェアは米国のIBMから供給を受ける。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

IBM製のハードに日立のメインフレーム向け基本ソフト(OS)を搭載したメインフレーム製品の提供を2018年度内に始める。

メインフレームはメガバンクや企業、行政機関などの基幹業務システムに広く採用されていたが、近年はパソコンサーバーによるオープンシステムの台頭により市場規模が縮小している。

1990年代半ばに1兆円規模だったメインフレームの国内出荷金額は2015年度には400億円前後まで9600億円も減っている。

日立は事業の選択と集中に向けて、ハード開発からの撤退を決めた。

現在もメイン フレームを製造・販売しているメーカーは、IBM、富士通、日立製作所、日本電気、 ユニシス、Bullである。

ただ既存システムの安定稼働を重視する企業を中心にメインフレームの需要は根強い。既存システムのソフトウエア資産の活用を支援するため、メインフレーム向けOSやミドルウエアソフトの開発は今後も継続すると伝えている。

世界のスーパーコンピュータの性能を競うランキング「TOP500」が空洞化し始めた。

日本では、馬鹿な過去の科学者のノーベル賞受賞者が、1円入札というテロ企業がスーパーコンピュータを開発するので、税金から金を出すように、脱税をしていた総理に談判したこともあった。

少し考えれば、IBM製のハードに独自のメインフレーム向け基本ソフト(OS)を搭載した方が、いいに決まっている。
私はそれに、30年以上前に気がついた。

その方が、IBM製のハード開発にも役立つ。
私は、スーパーコンピューターがいらないとは言わないが、30年のスーパーコンピュータは、スマホに負ける。
もしやるならスマホのソーシャル並列処理を考えるべきだろう。

日立製作所は、ノーベル賞委員会より頭がいいし、決断力もある。

2016-06-20---100%中国製スパコンが、初の世界最速と認定。
2014-11-25---太陽でループする磁場のスーパーコンピュータ・シミュレーション。
2014-11-19---イギリスは公の寄付で、月面着陸資金が提供された。
2014-04-07---IBMのメインフレームが、50周年記念を祝っている。
2013-10-07---ノーベル賞受賞者、さまざまな賞金の使い方。
2011-10-27---中国が山東省で、国家スパコン・センターを設立!
2009-11-24---スーパーコンピュータの開発時代は終わった!

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト