2017年05月23日

1971年の渋谷暴動、警官殺し容疑者逮捕か?

犯罪と裁判

毎日新聞は、1971年11月14日、沖縄返還協定の批准阻止を訴える過激派の学生ら約5000人が渋谷駅周辺で起こした暴動事件で、警察官を殺害したとして、警視庁公安部が殺人容疑で指名手配していた67歳の中核派の活動家大坂正明容疑者とみられる人物が、広島市内で公務執行妨害容疑により、大阪府警に逮捕されていたことが捜査関係者への取材で分かったと報告している。

顔や体の特徴などから大坂容疑者の可能性があるという。警察当局は、本人かどうかDNA型鑑定するなどして、慎重に確認を進めると伝えている。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

大坂容疑者は事件直後から所在不明になり、警察庁指定の重要指名手配容疑者の中で最も長い46年間にわたり逃走を続けている。

捜査関係者によると、大坂容疑者は1971年11月、沖縄返還協定の批准阻止を訴える中核派系全学連活動家らとともに東京都渋谷区で機動隊を襲撃した。当時21歳であった新潟県警から派遣されていた中村恒雄巡査を鉄パイプで殴り、火炎瓶を投げつけて殺害した疑いがある。

逮捕された男は名前を名乗らず黙秘している。

大坂容疑者は翌1972年に殺人容疑などで指名手配された。
この事件では共謀した6人が逮捕されたが、うち1人の公判が病気を理由に1981年に停止され、2010年の刑事訴訟法改正で殺人の時効が撤廃されたため、時効は成立していない。
971年の渋谷暴動では、300人以上の学生らが逮捕された。

ただし、逮捕者の供述だけではなく、確固たる証拠はあるのだろうか?

警察庁は2016年11月に、「捜査特別報奨金」制度の対象に指定。中核派は2016年11月の機関紙で「不屈に戦う大坂同志を守ろう」などと呼びかけていた。中核派は1970年代以降、多数のゲリラや内ゲバ事件を起こしたとされる過激派極左で、警察当局は現在も約4700人が活動しているとみている。

当時逮捕された人は、すでに釈放されている。

私は、赤軍派、中核派という人に、何人か会った。
一緒に酒を飲んだ人もいた。

そして、個人的に迷惑をかけられた人もいた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。