gaYa広告

2017年05月17日

ロック歌手C・コーネルが、サウンドガーデン公演直後に自殺。

音楽人物

AFPは2017年05月19日に、グランジロック界を代表する歌手で、52歳だった長年にわたり薬物依存やうつ病と闘ってきたクリス・コーネル(Chris Cornell)が2017年05月17日夜、米国のデトロイト(Detroit)でのコンサート後にホテルで首をつって自殺した。52歳だった。

グランジロックは、シアトル(Seattle)で1980年代に生まれ、パンクロックの荒々しさに、暗く内省的な面を組み合わせた音楽ジャンル。クリス・コーネルの死により、グランジの章がもう一つ閉じられることになる。

グランジを代表するバンド、ニルヴァーナ(Nirvana)のリードボーカルだったカート・コバーン(Kurt Cobain)は1994年に自殺している。

同じくグランジバンドのストーン・テンプル・パイロッツ(Stone Temple Pilots)の歌手、スコット・ウェイランド(Scott Weiland)は2015年、薬物過剰摂取によりツアーバスの中で死亡している。

なんということだ!

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

私がドイツで出会ったロック・ドラマーは、ドラムで脳が撹拌され、何度も自殺を試みたと奥さんが話していた。

クリス・コーネルは自身のメインバンドであるサウンドガーデン(Soundgarden)との公演を終えた後、滞在先のMGMグランドホテル(MGM Grand Hotel)に戻った。警察によると、その後、家族から救急当局に通報があり、クリス・コーネルは遺体で発見された。18日に行われた検視の結果、首つりによる自殺と確認されたと伝えている。

ファンらが投稿した公演の動画によると、クリス・コーネルは最後にサウンドガーデンの「Slaves and Bulldozers(奴隷とブルドーザー)」を歌ったが、その際にレッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)の「In My Time of Dying(私が死ぬとき/邦題:死にかけて)」の歌詞を挿入していた。

だがクリス・コーネルはこうしたメドレーを以前にも披露したことがあり、自殺願望を示す様子もなかったと言っている。
サウンドガーデンは2017年05月19日にオハイオ(Ohio)州コロンバス(Columbus)での公演を控えていた。

クリス・コーネルは正規の声楽トレーニングはほとんど受けていないものの、音楽界で最も広い声域を持つ人物の一人だった。
声域はほぼ4オクターブにわたり、低いバリトンから高いビブラートをきかせたテノールまで出すことができた。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告