gaYa広告

2017年05月17日

イギリスのマクドナルドCM打ち切り!

犯罪と裁判犯罪と裁判

AFPは2017年05月18日に、ファストフード大手マクドナルド(McDonald's)のイギリス法人は2017年05月17日に、イギリス内で放映されていたフィッシュバーガーのテレビコマーシャルの打ち切りを発表した。

父親と死別した少年を描いた内容に、子どもの不幸を利用しているとの非難が殺到していた。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

マクドナルドUK(McDonald's UK)はツイッター(Twitter)の公式アカウントで、「皆様のご意見に耳を傾け、『お父さん』のテレビ広告放映を本日付で中止すると決定した。不快な思いをした全ての皆様に、率直に謝罪する」と投稿した。

問題のCMは、少年が母親に死別した父親のことを聞くというストーリー。母親の語る父親の姿は、サッカーが得意で、靴もきれいだったなど何から何まで少年とは違っていた。がっかりする少年だったが、マクドナルドの店内でフィッシュバーガーにかぶりつこうとしたときの母親の言葉で表情が変わる。「お父さんもそれが大好物だった」――。

このCMに対し、イギリス広告基準局(ASA)には視聴者から約100件の苦情が届いた。ファストフードの宣伝に人の死による悲しみを利用しているという批判や、6月18日の「父の日」が近いことを意識したCMだとの指摘もあった。

遺児支援団体「グリーフエンカウンター(Grief Encounter)」のシェリー・ギルバート(Shelley Gilbert)代表は、実際に親を亡くした子どもたちがショックを受けたとの報告も複数あったと指摘。「あるブランドが一度の食事で全てを癒やせるとほのめかすもので、無神経だ。ブランドとして『人生の決定的瞬間』を認識していることを示す手段として用いられるべきではない」と批判した。

問題のCMは今月12日から7週間放映される予定だった。

2006年07月12日に、ソニーはオランダの主要都市で6月から展開した携帯ゲーム機「PSP」のホワイト・バージョンを宣伝する屋外広告が、インターネットの掲示板などで人種差別的だと批判され、急きょ撤去したこともある。

2016-04-11---Match.comの広告は、「赤毛」と「そばかす」で避難された!
2015-06-03---イヴ・サンローランは『不健康に重量不足のモデル』を禁止。
2015-05-11---サウス・ウェールズのバス会社広告は、売春冒険旅行?
2015-03-20---アメリカ・アパレルは、モデルの乳頭と陰毛にエアブラシ。
2015-03-06---ロンドン地下鉄は、悪いユダヤ人ポスターを検閲。
2013-01-19---イギリスの電子煙草会社は全国テレビ広告キャンペーンを始める。
2012-05-01---アップルはまた、IPad 4Gで勇み足!?
2012-04-04---American Apparelが出した「資源開発」の広告、イギリスで禁止!
2012-03-16---Grouponへの改善命令デッドライン!
2012-02-16---セクシーなスチュワーデスを使用した航空会社の広告は違反ですか?
2011-12-18---食物会社、規制で「子どもオンライン市場」へ一斉移動!
2011-12-07---イギリスのASAは、「Final Destination 5」のポスターを禁止した。
2010-10-08---イギリスの広告規制局ASAとPhonepayPlusが協定で同意。
2010-08-18---イギリスの広告規制局は、動物チャリティー広告を禁止した。
2010-07-21---バーガーキング、詐欺広告で禁止!
2010-04-14---東エルサレムの写真を使用し、イスラエル観光広告が禁止。
2010-03-08---イギリスは、TwitterやFacebookなどで一部広告規制を開始。
2008-08-26---iPhoneの広告には誤解を招く内容がある!?
2007-07-06---ソニーはマンチェスター大聖堂関係者に謝罪した。
2007-06-01---イギリスで叩かれたディズニーMobile
2006-07-11---「PSP」のホワイト・バージョンを宣伝は人種差別的だと批判された。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告