gaYa広告

2017年05月17日

性行為した男性カップルに、インドネシアで公開むち打ち85回の判決。

犯罪と裁判性とメディア

AFPは、インドネシアのアチェ(Aceh, Indonesia)州の裁判所は2017年05月17日に、同性同士で性行為をし、イスラム法シャリア(شريعة‎/Shari'a)に違反したとされる男性2人に対し、むち打ち85回の刑を言い渡したと報告した。

イスラム法シャリアは、1000年以上の運用実績があるコーランと預言者ムハンマドの言行スンナ(سنة‎/Sunnah)を法源とする法律。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

アチェ州はインドネシアで唯一シャリアが適用されているが、同性カップルにこのような刑が言い渡されるのは初めてのことで、人口の多数をイスラム教徒が占めるインドネシアにおいて同性愛者に対する逆風が改めてあらわになったと伝えている。

20歳と23歳の男性2人はシャリアに違反したとして有罪判決を受け、それぞれにむち打ち85回の刑が言い渡された。

2人は2017年03月に、地元の自警団が州都バンダアチェ(Banda Aceh)の寮に押し入った際、一緒にベッドにいたところを取り押さえられた。

また、2人が自警団に取り押さえられた後、自警団が2人を蹴ったり殴ったりする様子や、裸のまま地面でうなだれている一方の男性を侮辱する様子などが捉えられた動画が、インターネット上で拡散した。

2人は取り押さえられた後、警察当局に引き渡された。

当局によると2人は恋愛関係にあり、性行為を3回したと認めたという。

司法当局はデリケートな問題に関わる事例だとして、男性らの名前を明らかにしなかった。アチェ州はシャリアの適用と公開むち打ち刑の実施が国内で唯一認められており、賭け事や飲酒など、シャリアに違反した者に対して日常的に公開むち打ち刑が執行されている。

同性での性行為はインドネシアの他の地域では違法ではないが、アチェ州では2015年に導入された規制により禁止されている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。