on-the-time.jp

2017年05月17日

原子力規制委員会、日本原燃のサイクル施設でウラン濃縮工場を正式合格。

未来

日本経済新聞 電子版は、原子力規制委員会は2017年05月17日に、青森県六ケ所村にある日本原燃のウラン濃縮工場について、新規制基準に基づく安全審査に合格したとする「審査書」の発行を正式決定したと報告した。

使用済み核燃料を再利用する核燃料サイクルの原燃の施設で、初めて合格した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

日本原燃のウラン濃縮工場は、2016年09月に審査をほぼ終えていたが、その後、安全確認作業で品質保証の責任者による虚偽申告の疑いが判明し、合格まで時間がかかっていた。

原燃の核燃料サイクル施設は、再処理工場など主要な施設も安全審査の議論をほぼ終えていると伝えている。

青森県六ケ所村にある日本原燃のウラン濃縮工場の緯度、経度
〒039-3212 青森県上北郡六ヶ所村尾駮沖付4−108
+81 175-71-2000
40°57'22.5"N 141°19'31.2"E

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。