2017-05-15

中国の自動車生産、年5.000万台まで拡大!?

経済教育研究調査

アジア経済ニュースNNA ASIAは2017年05月16日に、中国自動車工業協会(中国汽车工业协会)の常務副会長董揚(中国汽车工业协会常务副会长董扬)は上海で同日開幕した「2017中国自動車フォーラム(2017中国汽车论坛)」で2017年05月15日に、中国の自動車業界は年産5,000万台規模まで拡大余地があるとの認識を示した。

うち国内市場で4,000万台、海外で1,000万台を販売できると、新華社電が伝えたと報告した。

中国の自動車市場については、当面は年7%前後の成長が続くとの見通しを示した。
「中国自動車工業協会の発表は前年比4.7%増で、2015年の4%ほど低くはなく、中国自動車工業協会の前年比13.7%増であった2016年の14%ほど高くもないペースになる」と述べた。

中国自動車工業協会の統計によると、中国の昨年の自動車生産は14.5%増の2,811万9,000台、新車販売は13.7%増の2,802万8,000台で、輸出は2.7%減の70万8,000台だった。

一方で今年の新車販売は1〜4月が前年同期比4.6%増、4月単月が前年同月比2.2%減となっており、足元では国内市場の減速が指摘されている。

携帯電話の生産も一時期、世界の90%に届きかけた。
しかし、中国は組み立てだけで、部品供給はできなかった。

自動車も部品は合金技術が絡むので、組み立てだけになるだろう。