2017-05-15

料理人が、妻を殺害、その遺体を切断・調理。

犯罪と裁判

AFPは、オーストラリアのブリスベン(Brisbane)で、料理人が妻を殺害した上、遺体を切断・調理して隠蔽(いんぺい)を図ろうとした事件の審問が2017年05月15日に行われ、現場のアパートに駆け付けた警察官らは、切り刻まれ調理されている遺体を発見した当初、ハロウィーンのいたずらに巻き込まれたと勘違いしたと供述した。

オーストラリア人シェフのマーカス・ボルク(Marcus Volke)容疑者は2014年に、インドネシア出身でトランスジェンダー(性別越境者)の妻マヤン・プラセト(Mayang Prasetyo)を自宅で殺害した。

アパートの管理会社から、容疑者宅から悪臭がするとの通報を受け警察が出動した。駆け付けた警察官らに対しボルク容疑者は、飼い犬が逃げないようにと口実を作ってドアをいったん施錠し、その隙に逃走。同容疑者は業務用のごみ箱に隠れ、その中で自殺した。

死因審問で供述した警察官によると、同僚と共に踏み込んだ現場アパートの床は血まみれで、調理中の鍋の中には人の足が入っていたという。

オーストラリアのABCはこの警察官が、「当初ハロウィーンか何かの趣味の悪いいたずらのようなものだと思った。だが状況を総合的に判断したところ、いたずらなどではないと分かった。」と語ったと伝えた。アパートにはひどい悪臭が漂っていたという。

ボルク容疑者と妻は、2人が性産業に従事していた際に知り合っていた。同容疑者は事件に先立つ数週間前から、自身が抱える精神衛生上の問題を認識し、治療を求めていたという。

それから、インドで肉が食えなくなった。