on-the-time.jp

2017年01月31日

ハワイの空港で、邦人聴覚障害者に手話通訳なしで、一晩拘束。

犯罪と裁判

ハワイの空港といえば、ホノルルの空港が日系人の名前に変更されたと聞いているが、時事通信社は2017年05月13日に、米国のハワイ州ホノルルの国際空港に到着した聴覚障害を持つ日本人女性が手話通訳者なしで税関・入国管理係官から尋問を受け、一晩拘束されるなど差別的対応を受けたと米国の人権擁護団体「ACLU(American Civil Liberties Union/全米市民自由連合)」に苦情を訴えた。ACLUは2017年05月11日に、DHS(United States Department of Homeland Security/米国土安全保障省)に改善を申し立てたことを明らかにした。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

ハワイ州ホノルルの国際空港といえば、2017年05月01日に米国のハワイ州のホノルル国際空港が2017年05月01日に、2012年に死去した日系上院議員の名にちなみ「ダニエル・K・イノウエ国際空港(Daniel K. Inouye International Airport)」に改名された。

空港職員が、それを不愉快に思うなら、ホノルル国際空港に名前を戻したら!

女性は2017年01月31日朝、ハワイに住む恋人に会うため同空港に到着した。尋問した係官に手話通訳者を紹介するよう繰り返し求めたものの、無視された。
さらに英語で読唇や筆記を強要されたが理解できなかった。尋問は7時間に及んだ。

係官は女性を後ろ手にして手錠をかけ、手話を封じたまま留置施設に移送した。携帯電話も取り上げ、外部と連絡できなくした。女性は朝まで16時間拘束され、2017年02月01日に帰国を余儀なくされた。

後ろ手にして手錠をかけるのは、重犯罪者の場合で、ヨルダンの国境で捕まった時、後ろ手にして手錠をかけようとしたので、全員にマルボロを配り、前で手錠に変更した。その時、手錠に「British made」と書かれてあったのを思い出す。

留置所に入れられ、トイレに行きたいと怒鳴ったら、将軍が来て、後ろ手にして手錠をかけとしたので、トイレで後ろ手にして手錠では用が足せないというと、前で手錠に変更し、マルボロを欲しがったので、将軍には箱ごと賄賂として渡した!すると、国境警備隊が提携しているホテルがあるので、留置所から出るように言われた。

後ろ手にして手錠をかけられた女性はACLUの聞き取りに「とても怖く、心細かった。他の聴覚障害者は基本的な敬意と尊厳をもって扱われるようにしてほしい」と要望した。

当然である。とくに聴覚障害者の手話がわからない人が調べるべきではない。

人権侵害以前に、非常識で頭脳程度が低すぎる。

ただし、2017年01月31日はまだ、ホノルル国際空港だった。

このような時は、米国の人権擁護団体「ACLU(American Civil Liberties Union/全米市民自由連合)」に連絡することで解決出来ることが分かった。

You may also write to the ACLU at 125 Broad Street, 18th Floor, New York NY 10004 or call 212-549-2500.

「ダニエル・K・イノウエ国際空港(Daniel K. Inouye International Airport)」の緯度、経度
21°19'07.0"N 157°55'20.0"W
または、
21.318611, -157.922222

2017-05-01---ハワイのホノルル国際空港が消え。「ダニエル・K・イノウエ国際空港」に改名?!

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。