2017-05-12

オランダの写真家エド・ファン・デル・エルスケンの作品、公的コレクションに追加。

アート

ArtDailyは、オランダの写真家エド・ファン・デル・エルスケン(Ed van der Elsken/1925-1990)の作品が再度アクステルダムの国立美術館(Stedelijk Museum Amsterdam)で、主要な回顧展が開催されると報告した。

それは、2つのオランダ公的コレクションへの提供に対する感謝として開催される。

[AD] You can advertise on this site.

すでに、祝福されたオランダの写真家によって300を超える写真を誇っていた国立美術館のコレクションは、現在122の写真の追加を歓迎する。増やされたエド・ファン・デル・エルスケン地所として贈られた61点は、モンドリアン基金(Mondrian Fund)で可能にした61点の作品の獲得により、増やされた。

国立美術館のディレクターであるベアトリックス・ルフ(Beatrix Ruf, director of the Stedelijk Museum)は、「私達は、この贈り物、およびそのような大きい一連の作品を取得する機会により喜ばされる。これは私達のコレクションthatに重要な追加分である。これまでに、主に、エドファン・デルを中心に行ったパリでの彼の初期の日からのエド・ファン・デル・エルスケンの写真、および彼の世界的に有名な写真本 Love on the Left Bank.。作品の豊かなボディだけでなく中央アフリカと日本への彼の旅行の写真が、アムステルダムの都市を記録して、この贈り物と購入は、私達が、より大きい深さの彼の変えられた作品を提供することを可能にする。」と言った。

エド・ファン・デル・エルスケンは、時代の精神を捕らえることについての比類ない才能との真実の通りの写真家であった。

彼は、彼が写真をとった人々との個人的な関係をすることを気にした写真家であり、彼の自発的で、慣例に従わず、個人的なスタイルは、彼の全体の作品に行きわたっている。

1950年代初期から1980年代までおよび都市の変化を撮し取ろうとする新しい獲得範囲を作るアムステルダムの写真。そこには重く注油された娘、ちんぴら、暴動、およびデモンストレーションとの若い人嵐'60年代、女性運動の活動家、パンク。

中央アフリカで撃たれたイメージは、彼の1958年の本「Bagara」と関連する。

そこでエド・ファン・デル・エルスケンは、村での生活、儀式、および狩猟をドキュメント化する。

1959から1980年代まで日本への彼の旅行のビジュアルな旅行談やくざ(日本のギャング)相撲取りと性転換者を含む国、その文化、および住民を探検する。

こういう写真が撮れるカメラマンがいなくなった。馬鹿みたいにコマーシャル化された写真には、迫力がない。
突然、はっ倒させそうな凄さがある。

寄付したおよび新しく取得された作品は、すでにディスプレイに展示会にある
エド・ファン・デル・エルスケン-Camera in Loveはアクステルダムの国立美術館で、2017年05月21日まで見ることができる。

展示会はその後、パリのジュー・ド・ポーム美術館(Musée Jeu de Paume, Paris)に移動する。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE