on-the-time.jp

2017年05月11日

マクロンの政党は、仏下院選候補の顔触れ発表。半数が未経験や女性!

政治

AFPは2017年05月12日に、39歳にエマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)次期仏大統領の政党「LREM(共和国前進)」は2017年05月11日に、来月行われる下院選の候補者577人のうち428人の人選を発表した。

政治経験のない候補と女性候補がそれぞれ全体の半数を占める。

この政党が成功すると、フランスは一気に若返る!

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

「LREM」は、わずか1年1か月前に創設されたエマニュエル・マクロンの政治運動「前進(En Marche)」を改称した政党である。
親欧州・中道派のエマニュエル・マクロンは大統領選挙で、「革命」によって古くさいフランス政界に新たな顔触れを加え、旧来の二大政党の間を権力が行き来する流れを終わらせると公約した。2017年05月08日に行われた決選投票で勝利した。

社会党(PS)所属だったマニュエル・バルス(Manuel Valls)前首相は2017年05月09日に、「LREM」の公認を受けたい意向を示していたが、「LREM」の公認は得られなかった。ただ「LREM」は、マニュエル・バルスのパリ(Paris)南部の選挙区には対立候補を擁立しないと表明している。マニュエル・バルスとエマニュエル・マクロンは2014〜16年の政府で共に閣僚を務めたが、大統領選では袂を分かっていた。

日本も大統領制なら、大きく変わることができるが---本来なら、小泉進次郎くらい若いのがトップに立たなければいけない時代が来ている。

間違えても、漢字が読めない麻生の時代ではない。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

gaYa広告