2017年04月23日

大阪府内唯一コンビニがない千早赤阪にコンビニ誘致大作戦!

食品観光アート

毎日新聞は、大阪府内唯一のコンビニが一軒もない村、千早赤阪村が村内にコンビニの誘致に取り組んでいると報告した。

府内の自治体でコンビニがないのは同村だけ。
開店を望む住民の声は多く、開業資金の半額を助成する制度を昨年導入した。

事業者の負担を軽くして出店を促すアイデアだが、過疎化が進む村に出店するメリットは少なく、出店業者はまだ現れない。

村民の“悲願"といえるコンビニは誕生するのか。

私は、この村を知っている。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

千早赤阪村は、富田林市と河内長野市、河南町に囲まれ、奈良県にも隣接する。南北朝時代の武将、楠木正成(くすのき・まさしげ)の出身地として知られ、日本の棚田百選に入る「下赤阪の棚田」もあり、歴史と景観は有名である。

鎌倉幕府が解体した戦いがあった金剛山の麓の村でもある。

また、近くには、日本で最初にできた水洗便所もある。

一方、買い物の環境は厳しい。村に大型スーパーはなく、飲料水やカップ麺などを扱う個人商店が数軒並ぶだけ。

生協による週1回の移動販売もあるが、必要な物を買いそろえるために村外に出る人は多く、約40年間暮らす73歳の辻本正幸も「食料品をはじめ買い物には、河内長野に出掛ける」と話す。

わたしは、河内長野に住んでいた。

こうした中、コンビニを求める声は以前からあった。
村が2年前に地元中学生約100人に将来展望を尋ねるアンケートを実施したところ、自由記述欄に「コンビニがほしい」との回答が相次いだ。
69歳のある主婦は「今は村外で買い物しているが、もっと年を取って動けなくなったら大変。近くにコンビニがあれば便利になる」と待ち望む。

村はコンビニ誘致に乗り出し、2016年04月に、300万円を上限に開業資金の半額を助成する制度を導入した。赤字が出た場合、1年に最大100万円を補填(ほてん)する(最長3年間)異例の条件も設けた。

実際に大手コンビニチェーンなど数社が関心を示して現地視察に訪れるなど期待はにわかに高まった。

しかし、出店には至っていない。

最大の理由が過疎化だ。府内で唯一の過疎地域では、収益確保は難しい。

交通量が乏しく、ドライバーの利用も見込みにくいことも、出店を阻む要因となるようだ。

住民の間には、過疎地における経営の難しさを打ち明ける声も聞かれた。村内でカラオケ喫茶を営む63歳の中尾安子は「人が少ない村に出店しても利益は出ない。高齢者には地元の商店と生協の移動販売で十分だし、若い人は隣接自治体に買いに行く」と話していた。

それでも村観光・産業振興課は「コンビニが開業しても人口が増えるわけではないが、一軒でもあれば住民には心強い」と諦めていない。

千早赤阪村の人口は、2017年03月末現在で5,454人。
2007年に比べて1,000人以上も減少した。65歳以上の割合を示す高齢化率はこの間に17ポイント上昇し、42%に上る。
過疎地域自立促進特別措置法は過疎地域の要件として、国勢調査に基づく1990〜15年の人口減少率が21%以上などと定めており、府内で唯一該当する。

周囲には大学も多い!
近くに聖徳太子の墓もある。

頑張れ!千早赤阪村

夏祭りの山車は、軒を壊しながら練り歩く!銭湯の男女の境には節の穴があり、丸見え!
もっとも運が良くないと、入っているのはばあさんだけ!

千早赤阪村の緯度、経度
34°27'52.4"N 135°37'21.0"E
または、
34.464556, 135.6225

1331-10-21---後醍醐天皇を中心とした勢力が、鎌倉幕府討幕に向かった。
1331-10-07---倒幕計画が発覚した後醍醐天皇が逃げた。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告