gaYa広告

1922年04月22日

アメリカの画家リチャード・ディーベンコーンが生まれた。

人物アート

ArtDailyは2017年04月22日に、リチャード・クリフォード・ディーベンコーンJr.(Richard Clifford Diebenkorn Jr/1922 - 1993)はオレゴン州ポートランドで、1922年04月22日に生まれた。

彼が2歳であったとき、家族は、カリフォルニア州サンフランシスコ(San Francisco, California)に引っ越した。

4歳か、5歳くらいから、彼は継続的に絵を描きはじめた。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

1940年に彼がスタンフォード大学(Stanford University)に入学し、彼の最初の2人の芸術的な師ビクター・アナトフ教授(Professor Victor Arnautoff)と、油絵の具で伝統的なフォーマルな訓練について指導したダニエル・メンデロビッツ(Daniel Mendelowitz)と会った。そしてエドワード・ホッパー(Edward Hopper/1882 - 1967)の作品に、熱狂的にひかれた。

エドワード・ホッパーの影響は、ディーベンコーンの写実的な作品において見られる。

今回公開された作品は、リチャード・ディーベンコーンが1984に描いた「Ocean Park No.129」である。

いかにもカリフォルニアらしい澄んだ乾いた空気を感じさせる。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。