on-the-time.jp

2017年04月12日

ボーダフォン幹部マイケル・ジョセフは、MFS Africa役員に参加。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、モバイル送金ハブ会社MFS Africaの非常勤取締役として、モバイル・マネー産業ベテランのマイケル・ジョセフ(Michael Joseph)を任命したと報告した

彼は、SafaricomCEOの時に、会社はその国際的に有名なm-Pesaを発進させて、産業のためのテンプレートとして、世界初の成功しているモバイル・マネー・サービスで広く信用されて、規則的に引用された。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

MFS Africaの非常勤取締役の彼の役割において、ジョセフは、会社が、大陸のモバイル・オペレータ、銀行、および送金会社と関係を強化することを手助けすることを課される。

彼は戦略的な方向も提供し、レギュレーターおよび他の当局とかみ合う。

ジョセフは、最近、モバイル・ユニットから、m-Pesaを隔てることをSafaricomに強制する提案を拒否した。

MFS Africaは、違うモバイル財布タイプ間で振替を可能にするモバイル支払いハブを提供し、ユーザーはブランドを問わずお金を顧客のアカウントに送る会社である。会社は大陸の1億2000万を超える財布に支払い処理をすることが可能であると言った。

MFS AfricaのCEOダレ・オボウジョー(Dare Okoudjou)は、「マイケルはモバイル・マネーの父である。ケニアおよび多くの他のボーダフォン市場の近くで遍在するm-Pesaサービスを作ったことにより、彼の経験豊かな生態系から、MFS Africaの急速な成長のために測り知れないほど貴重なスケールを作るのに役立った。」

ジョセフは「1億2000万のモバイル財布は、アフリカのすべてのモバイル財布の75%と接続し、国境とネットワーク金融サービスを使用可能にすることによって、MFS Africaが、産業の最も大きい挑戦を解決するのに役立っている。それは私の心に近い問題であり、私は、解決の一部である機会に飛びついた。」と追加した。

2017-03-08---モバイル・マネーのゴッド・ファーザーは、Safaricomの分割提案を拒否。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告