2017年04月18日

古代裁判官の墓から10の棺、ミイラ5体。副葬品1000点発掘。

超過去観光

毎日新聞、ArtDailyは2017年04月19日に、エジプト南部ルクソール(Luxor)で、古代エジプト第18王朝(18th Dynasty/紀元前16〜13世紀)の裁判官のものとみられる墓が見つかったと古代遺跡省(the antiquities ministry)が発表したと、電子版政府系新聞アルアハラム(al-Ahram/الأهرام)などが2017年04月18日に伝えたと報告した。

10の棺と、8体のミイラ、小さな人形など1000点超の副葬品があり、考古省は「重要な発見」と意義を強調した。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

エジプトでは2017年03月にも首都カイロの住宅街で古代のファラオ(王)の巨像が発見された。
2011年の民主化要求運動「アラブの春」以降の政治混乱やテロの影響で観光客が減る中、カレデ・エル-イナニ考古相(Antiquities Minister Khaled el-Enany)は「発見が観光産業活性化につながってほしい。」と話している。

発見場所はツタンカーメン王の墓で有名な観光地「王家の谷」に近イデゥラア・アブル・ナガア大墓地(the Draa Abul Nagaa necropolis near the famed Valley of the Kings)であった。ウセルハト(Userhat)という名の裁判官のものらしい。1000点以上の人形は、死後の世界で死者と働く者と考えられた「ウシャブティ(Ushabti/小さな彫像)」で、これだけ大量の発見は珍しいという。

ウシャブティ小像は、余生に責任をもって助けるために、しばしば古代エジプト墓の故人と置かれた。

古代遺跡の役員ワジル(Waziri)は、最初6体のミイラとともに残留を発見したけれども、後でそれらが2体多いミイラを識別した.。「10の棺および8つのミイラがある。発掘は進行中である。」と、言った。

墓の中では、白いマスクとゴム手袋を身に着けている考古学者が、石棺を検査し、赤、青、黒、緑色、および黄色で、カバーされた特徴の複雑な図による死者の面が彫られていた。

そういえば、王家の墓に向かう途中に、何本も枝分かれした道があり、まだほとんど未発掘だと言っていた。

まだ完全に発掘されたわけではないが、棺は主に保存がよかったと言っている。

考古学者は、棺のうちの中の1つで、リネンにより包まれたミイラも試験していた。

また、白、オレンジ色、緑色で模様を付けられたポットも、墓に発見された。

古代遺跡省のためのスポークスウーマンであるナビネール-アレフ(Nevineel-Aref)はサイトで、「将来に新しいミイラが発見できる証拠と跡がある。」と言った。

実は、今殺し合いが行われているクルド族が住む地域やシリアにも巨石文化があり、観光客が呼び込めれば、大きな観光産業になる。

「王家の谷」の緯度、経度
25°43'39.58"N, 32°35'33.06"E
または、
25.727661, 32.592517

2017-03-10---3千年前のファラオ像2体、カイロのスラムで発掘。
2016-05-08---ツタンカーメン王の墓の「隠し部屋」、専門家ら異議!
2016-03-17---ツタンカーメンの墓が、複数の秘密の室を持っている。
2015-11-28---ツタンカーメン王の金マスクは、ネフェルティティのために作られた!?
2015-01-21---ツタンカーメンのあごひげはエポキシ樹脂で接着。
2013-11-11---ツタンカーメン王のミイラは、自然発火で燃えていた。
2013-02-09---ネフェルティティの素顔?
2013-02-03---ツタンカーメンの顔 ?
2011-04-17---ツタンカーメンのトランペット「Tut's toot」!
2010-11-10---ツタンカーメン王の副葬品、エジプトに返還。
2010-02-16---ツタンカーメン王は近親相姦で生まれ、マラリアで死亡。
2010-01-31---ツタンカーメンのDNA鑑定結果、2010年2月17日に発表予定。
2009-12-20---エジプト、ネフェルティティ像の返還を正式要求!
1923-02-16---カーターが「ツタンカーメン(Tutankhamun)」の埋葬室を開けた。
1922-11-26---「ツタンカーメン(Tutankhamun)」の墓の中を世界で最初に見た。
1922-11-04---「ツタンカーメン(Tutankhamun)」の王墓発見。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。