on-the-time.jp

2017年04月16日

山本地方創生相、「観光のがんは学芸員」と発言。

調査研究教育言語

日本経済新聞 電子版は、山本幸三地方創生相はは2017年04月16日に、大津市のホテルで地方創生に関するセミナーに出席し、外国人観光客らに文化財などの説明、案内が不十分として「一番のがんは文化学芸員。この連中を一掃しないと駄目」などと発言した。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

学芸員やがん患者らに対して不快感を与えかねない発言。不適切だとして野党側が追及するのは必至だと解説した。

上げ足取りのマスコミにも困ったものである。

山本幸三地方創生相が言いたいことも理解できないとは、マスコミの上げ足取りにも困ったものである。

日本の学芸員の質の悪さは、真実である。

学芸員とは、博士号と同等の知識と、同時にエンターテインメンターとしてのタレンント才能が必要で、最低外国語は2ヶ国語で、解説できるだけの言語能力が必要である。

マスコミの記者も世界のキュレーターを知るためにも最低外国語は2ヶ国語で、解説できるだけの言語能力が必要である。

本来は、学芸員やマスコミの記者は、国家試験を要求するべきである。

しかし、山本幸三地方創生相の舌足らずが、知性の無さを暴露している。

山本幸三地方創生相は終了後、報道陣に「『一掃』は言い過ぎたが、文化財はプロだけのものではない。学芸員も観光マインドを持ってほしい」と釈明した。

この釈明も間違っている。

『一掃』は言い過ぎではない。、キュレーターの国家試験を提案すべきである。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト