AD SPACE

2017-04-16

山本地方創生相、「観光のがんは学芸員」と発言。

調査研究教育言語

日本経済新聞 電子版は、山本幸三地方創生相はは2017年04月16日に、大津市のホテルで地方創生に関するセミナーに出席し、外国人観光客らに文化財などの説明、案内が不十分として「一番のがんは文化学芸員。この連中を一掃しないと駄目」などと発言した。

[AD] You can advertise on this site.

学芸員やがん患者らに対して不快感を与えかねない発言。不適切だとして野党側が追及するのは必至だと解説した。

上げ足取りのマスコミにも困ったものである。

山本幸三地方創生相が言いたいことも理解できないとは、マスコミの上げ足取りにも困ったものである。

日本の学芸員の質の悪さは、真実である。

学芸員とは、博士号と同等の知識と、同時にエンターテインメンターとしてのタレンント才能が必要で、最低外国語は2ヶ国語で、解説できるだけの言語能力が必要である。

マスコミの記者も世界のキュレーターを知るためにも最低外国語は2ヶ国語で、解説できるだけの言語能力が必要である。

本来は、学芸員やマスコミの記者は、国家試験を要求するべきである。

しかし、山本幸三地方創生相の舌足らずが、知性の無さを暴露している。

山本幸三地方創生相は終了後、報道陣に「『一掃』は言い過ぎたが、文化財はプロだけのものではない。学芸員も観光マインドを持ってほしい」と釈明した。

この釈明も間違っている。

『一掃』は言い過ぎではない。、キュレーターの国家試験を提案すべきである。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.