on-the-time.jp

2017年04月17日

高齢ドライバーの事故は、社会問題化!

自然

朝日新聞デジタルは、社会問題化している高齢ドライバーの事故対策に、自動ブレーキは不可欠になり始めているが、現在各メーカーが示している性能は「自称」で、試験の条件などにばらつきがある。

国として「お墨付き」を与えることで、消費者が安心して車を選べるようにすることを目的に、国土交通省は、車の「自動ブレーキ」の性能を認定する制度を来年度に導入する方針を決めたと報告した。

国交省が装備の義務化を検討することを考えている。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

義務化になれば、自動車メーカーは新車販売に期待できる。

ただし、これは日本国内だけではなく、国連も、ブレーキが利く条件や障害物検知レーダーの精度などを細かく定めた性能基準を作成予定で、これができ次第採り入れて義務化の要件にする方針である。

ところが、国際基準作成には数年はかかるため、先行して国内用の認定制度をつくることにした。

国交省担当者によれば、認定の基準は「事故被害の軽減効果が高いレベル」とし、具体的には今後詰める。

基準をクリアした車は国交省がホームページで公表する。性能確認済みの「認証マーク」を広告などに使用できるようにすることで、メーカーに対し、安全性向上への開発を促すと伝えている。

こうなると、利権が発生し、国交省のあまくだりさきがふえることにもなる。

このような問題が話題になると、いつも同じ問題が話題になる。

もうそろそろ、そのような次元で話題にならないようすべきである。

免許証センターに行けば、警察官のOBが、何もしないでゴロゴロいる。

またこのような評価の場合、メーカーや車種は宣伝になるので、公表すべきではない。

特に、この車種は良いなどというべきではない。

基準以下の車種は、販売を停止するべきである。
国家による、メーカーの宣伝は犯罪の危険性を拡大する。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。