on-the-time.jp

2017年04月15日

シリアで、包囲網から逃れた人たちを乗せたバスに自爆攻撃。

戦争と平和

AFPは2017年04月16日に、シリア北部のアレッポ(Aleppo)近郊で2017年04月15日土曜日に、反体制派に包囲された政府軍支配下の2つの町フア(Al-Fu’ah)とケフラヤ(Kafriya)を逃れてきた106の家族の人たちが乗ったバスの車列を狙った自爆攻撃が発生し、少なくとも112人が死亡したと報告した。

最新情報によれば、126人が殺され、80人以上の子供が含まれていると報告している。

これで助かると思ったところへの攻撃であった。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

イギリス在住の非政府組織(NGO)「SOHR(Syrian Observatory for Human Rights/シリア人権監視団)」が、2017年04月16日に明らかにした。

シリア人権監視団によると、アレッポ西郊ラシディン(Rashidin)の乗り継ぎ所で、政府軍と反体制派の間で交わされた合意に基づいてシリア北部の町フア(Fuaa)とケフラヤ(Kafraya)から退避した住民が乗っていた数台のバスに爆発物を積んだ車両が突っ込んで爆発した。
死者にはバスに乗っていた98人のほか、救済活動の関係者やバスの警備を担っていた反体制派の戦闘員が含まれているという。

シリア人権監視団は爆発で他にも「数百人」が負傷しているとしており、死者の数はさらに増える恐れがあるとしている。

フアとケフラヤからは過去2年以上にわたって反体制派の包囲下で暮らしていた5000人以上が退避した。

2017年04月14日金曜日にも、反体制派が掌握するマダヤ(Madaya)とザバダニ(Zabadani)から約2200人が退避している。

政府側と反体制派は、複数の自治体から住民を退避させることで合意しているが、このうち2つの町から退避する反体制派側の人数をめぐり双方の意見が一致しなかったことから、数台のバスが道中で足止めされていた。

しかし同監視団によると、自爆攻撃後に退避は再開された。

双方の意見が一致しなかったといって、危険地帯で、動き出したものを足止めなどすべきではない。

昔、パキスタンでカーストの高い金持ちが威張って座っていたので、子供に席を譲れと怒鳴ったら、無視したので、私が泣いて懇願したら、周囲の人が危険と感じたのか?カーストの高い金持ちを説得して、子供に席を譲ってくれた。

私のような大きな男が泣いて懇願し、それでも無視すると、次は何をするかわからないと思ったのかもしれない。

実際、私を騙したインド人の店は、私が無茶苦茶に壊したことがある。
日本人を馬鹿にすると、怖いと思った彼らは、次から、やたらに丁寧になった。

もっとも、南インドのお店は簡単な作りで、すぐ壊れるが、またすぐ組み立てられる。

一緒にいたベルギー人は、「無茶苦茶するな〜」と言っていた。

私は、「これがプライドだ!私のプライドを壊せば、相手のプライドもその場で壊す!これが武士道だ!」と言ったら、「ヨーロッパ騎士道にもあった!でも今は誰もしなくなった。」と言っていた。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告