2017年04月15日

北朝鮮がミサイル発射、直後に爆発?

戦争と平和

日本経済新聞 電子版は、韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が威鏡南道(함경남도/함남)新浦(신포시)から2017年04月16日午前に弾道ミサイルを発射し、失敗したとみられると発表した。

韓国軍がミサイルの種類など詳細について分析を急いでいる。

米国国防総省によると、米太平洋軍も北朝鮮が発射したとみられるミサイルを探知した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

ハワイ時間の2017年04月15日午前11時21分(日本時間16日午前6時21分)、東部のシンポ(新浦)近くで発射。まもなく爆発したといい、ミサイルの種類は調査中としている。

米国太平洋軍は「韓国、日本の同盟国と緊密に連携している」とした。

日本の防衛省は、日本の安全保障にただちに影響を及ぼす事態ではないとみている。

北朝鮮のミサイル発射は2017年04月05日以来。直後に北朝鮮問題を主要議題にして行われた米中首脳会談をけん制する狙いがあったとされる。

北朝鮮は故金日成主席の生誕105年にあたる2017年04月15日に軍事パレードを実施した。ICBM(intercontinental ballistic missile/大陸間弾道ミサイル)の可能性がある新型のミサイルを公開した。北朝鮮に対する強硬姿勢を強めている米国に対するけん制と国威発揚の両方を狙った可能性がある。

韓国政府は、2017年04月16日午前9時30分からNSC(National Security Council/国家安全保障会議)の常任委を開き、今後の対応を協議する。

米国の衛星監視システムが、今は徹底監視しているので、打ち上げ直前にわかる。

また、これまで北朝鮮が打ち上げにほとんど失敗していないので、打ち上げと同時に破壊された可能性も否定できない。

破壊方法は、意外と複数の可能性がある。

NHKは、ホワイトハウスからの情報として、トランプ大統領は現地時間の2017年04月15日に、北朝鮮によるミサイル発射について報告を受けたと伝えている。トランプ大統領は現在、南部フロリダ州の別荘に滞在しているが、NSCのスタッフらが同行している。

また、ペンス副大統領も訪問先の韓国に向かう専用機の機内で報告を受け、トランプ大統領と連絡をとったということであった。ペンス副大統領は2017年04月16日午後、韓国に到着する予定で、2017年04月17日に大統領の職務を代行する黄教安(황교안;/1957 - )首相らと会談し、核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮への対応について意見を交わすことにしている。

北朝鮮は、2016年02月に事実上の長距離弾道ミサイルを発射して以降、弾道ミサイルの発射を繰り返してきた。

2016年に、発射されたのは、新型の中距離弾道ミサイル「ムスダン」、SLBM(submarine- launched ballistic missile/潜水艦発射弾道ミサイル)、それに、中距離弾道ミサイル「ノドン」や、短距離弾道ミサイル「スカッド」など、射程の異なる弾道ミサイルで、その数は20発余りに上る。

ことしに入ってからは、2017年02月にSLBMを地上配備型に改良した新しい地対地中距離弾道ミサイル「北極星2(북극성 2/Pukguksong-2)」を発射したのに続き、2017年03月06日に、北西部のピョンアン(平安)北道トンチャンリ(東倉里)付近から日本海に向けて、中距離弾道ミサイルの「スカッドER」4発を同時に発射し、北朝鮮は、在日アメリカ軍基地への攻撃を想定した訓練だと発表しました。
また、2017年03月22日には、東部のウォンサン(元山)付近からミサイル1発の発射を試みたものの、失敗した。

さらに、2017年04月05日に東部の咸鏡南道新浦付近から日本海に向けて弾道ミサイル1発を発射した。このミサイルについて、アメリカ国防総省の当局者は、射程が1,000kmの中距離弾道ミサイル「スカッドER」だったと見られ、発射後まもなく制御不能に陥って、発射に失敗した可能性が高いとしている。
一方で、韓国軍は、ミサイルがことし2月に発射されたSLBMを地上配備型に改良した新しい中距離弾道ミサイルの可能性もあるとの見方を示し、分析を進めていた。

本当の戦争を知らない金正恩が、どこまで対応できるのか?

威鏡南道(함경남도/함남)新浦(신포시)の緯度、経度
128°11'2.21"E 40° 2'12.64"N

2017-04-15---トランプ、北朝鮮対応で、安倍首相に「事前に相談」
2017-04-14---米軍が投下した史上最強の非核爆弾。
2017-04-14---中国外相王毅、北朝鮮をめぐる衝突は「いつでも起こり得る」
2017-04-13---米軍機、北朝鮮空爆説の発所は、日本!?どきっ!
2017-04-12---米国シンクタンク、北朝鮮の核実験「準備完了」と報告。
2017-04-12---原子力空母「カール・ビンソン」を中心とする打撃群に、海自合流!?
2017-04-12---プーチン大統領、米ロ関係、トランプ政権下で「悪化」と見解。
2017-04-11---米国国防長官「北朝鮮に対する軍事行動については話したくない!」
2017-04-11---G7外相、アサド政権下でのシリア内戦解決は不可能で一致。
2017-04-08---空母カール・ビンソンなど、米空母打撃群団、朝鮮半島へ!
2017-04-07---米中首脳、貿易不均衡是正へ100日計画、対北朝鮮で協力強化合意。
2017-04-07---在韓米軍への核再配備を検討。
2017-04-06---娘のイヴァンカは、政権加入後初インタビューで、「父に意見していく」と言った。
2017-04-06---シリア、化学兵器使用で、トランプ政権一転、「強硬」
2017-04-04---一時帰国していた長嶺駐韓大使、4日に帰任。
2017-04-04---シリアでガス攻撃!民間人58人死亡。治療に当たる病院にも爆撃!
2017-03-21---台湾の蔡総統、潜水艦の独自建造計画を発表!
2017-03-17---米国国務長官が板門店視察後に、北朝鮮への軍事行動「選択肢のうち」
2017-02-24---北朝鮮、化学兵器5000トン保有か?
2017-02-14---北朝鮮「新型弾道ミサイル試射に成功」で、安保理非難声明。
2017-02-09---トランプ米国大統領、習近平国家主席の説得に折れた!
2017-02-07---中国の王毅外相、米中、対立する余裕はない。
2017-01-24---中国国営英字紙・環球時報、「トランプに対抗し、核強化すべし!」
2017-01-17---中国、トランプの保護主義に反対!?
2017-01-17---ジョン・ボルトン元米国国連大使、「在沖縄米軍の台湾移転を提言」
2017-01-09---中国政府系紙が、「一つの中国放棄なら報復する」と警告。
2016-12-27---脱北外交官が初会見で、来年は核開発の「絶好のタイミング」と認識。
2016-12-12---トランプの「一つの中国」疑問視で、中国紙は、「子ども」と言った。
2016-12-04---トランプ、「我々に尋ねたか?」と、南シナ海問題に言及。
2016-09-13---米軍の北朝鮮脅迫!24発の原爆投下可能な戦略爆撃機飛行!
2016-09-09---北朝鮮、過去最大規模の5回目の核実験実施を発表。
2016-04-06---中国は、北朝鮮に対して制裁を発表。
2015-05-20---核弾頭の小型化に成功と、北朝鮮が発表。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。