2017年04月12日

「ピンク・フロイド」と命名された衝撃音で小魚気絶させる新種のエビ。

自然音楽

AFPは2017年04月13日に、動物学者らが、明るいピンク色のはさみを持つ新種のエビが、イギリスのロックバンド「ピンク・フロイド(Pink Floyd)」にちなみ命名されたと報告した。

イギリスのオックスフォード大学(University of Oxford)自然史博物館(Natural History Museum)のブログに掲載された投稿によると、「Synalpheus pinkfloydi」と名付けられたエビには、明るいピンク色のはさみがあり、そして「全ての素晴らしいロックバンドと同様に」大量の音響エネルギーを作り出すことができるのだという。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

自然史博物館の動物学者で長年の「ピンク・フロイド」のファンであるというサミー・ドグレーブ(Sammy de Grave)は、中米パナマ沖でのこのエビを発見したときについて「自分の大好きなバンドを推すための最高の機会となった。」と語っている。

その特徴的なはさみを素早く閉じることで生じる音は、海中生物が出す音としては、これまで知られている中で最大級であった。小魚が気絶もしくは絶命するほど強烈と説明された。

エビについての詳細は2017年04月12日に、生物分類学の国際学術誌「Zootaxa」に掲載された。

Synalpheus pinkfloydi sp. nov., a new pistol shrimp from the tropical eastern Pacific (Decapoda: Alpheidae)
ARTHUR ANKER,
KRISTIN M. HULTGREN,
SAMMY DE GRAVE

また、オックスフォードの研究チームは、ピンク・フロイドのアルバム「アニマルズ(Animals)」や「ザ・ウォール(The Wall)」のジャケットを加工して新種エビのイラストを公開している。

サミー・ドグレーブは、「ピンク・フロイドを聞きながら仕事をすることはよくある。だが今は、バンドと自分の仕事が科学論文の中で一緒になった。」とコメントしている。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

gaYa広告