2017年04月11日

フランスの考古学者は、大きなGallo-Romanモザイクを発掘。

超過去調査研究教育

ArtDailyは2017年04月13日に、フランスの考古学者は2017年04月11日に、南フランスのウゼス(Uzès)で60m平方もり、保存状態が極めて良い紀元1世紀頃のガロ-ロマンス・モザイク(Gallo-Roman mosaic)を発掘したと報告した。

州の博物館デュラック・オキタニィ(Drac Occitanie)の元で、古代から中世の町ウゼスを発掘していた。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

最近、考古学者は、2棟の古代建物の一部で、ある大きいモザイクを掘り出した。

オキタニィ州ジッドとギネマー高校(Gide and Guynemer high schools by the Occitanie region)は、ウセティアのローマの町(Roman city of Ucetia)の発掘は初めてであった。

現在このローマの都市は、少しモザイク破片の早い発見物と同様に、ニームの地理の銘に含められている地名ウセティアだけが知られていた。

現在の4,000m平方の発掘により、紀元前1世紀から、7世紀の終わりの共和時代と言われたときまでを明らかにした。

考古学者は最近大きい壁を発掘し、ローマによる征服のすぐ前の構造を明らかにした。

南フランスのウゼス(Uzès)の緯度、経度
44°00'48.0"N 4°25'14.0"E

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。