2017年04月11日

フランスの考古学者は、大きなGallo-Romanモザイクを発掘。

超過去調査研究教育

ArtDailyは2017年04月13日に、フランスの考古学者は2017年04月11日に、南フランスのウゼス(Uzès)で60m平方もり、保存状態が極めて良い紀元1世紀頃のガロ-ロマンス・モザイク(Gallo-Roman mosaic)を発掘したと報告した。

州の博物館デュラック・オキタニィ(Drac Occitanie)の元で、古代から中世の町ウゼスを発掘していた。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

最近、考古学者は、2棟の古代建物の一部で、ある大きいモザイクを掘り出した。

オキタニィ州ジッドとギネマー高校(Gide and Guynemer high schools by the Occitanie region)は、ウセティアのローマの町(Roman city of Ucetia)の発掘は初めてであった。

現在このローマの都市は、少しモザイク破片の早い発見物と同様に、ニームの地理の銘に含められている地名ウセティアだけが知られていた。

現在の4,000m平方の発掘により、紀元前1世紀から、7世紀の終わりの共和時代と言われたときまでを明らかにした。

考古学者は最近大きい壁を発掘し、ローマによる征服のすぐ前の構造を明らかにした。

南フランスのウゼス(Uzès)の緯度、経度
44°00'48.0"N 4°25'14.0"E

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。