2017-04-08

ロシアで通勤電車と長距離列車が衝突、6人が重体!

自然

AFPは2017年04月09日に、先日、ロシア第2の都市サンクトペテルブルク(St. Petersburg/Санкт-Петербурга)の地下鉄爆破事件で、14人が死者したばかりだが、今度は、首都モスクワ(Moscow)西部で2017年04月09日に、通勤電車がベラルーシのブレスト行長距離列車(long-distance train, travelling to the Belarusian city of Brest)と衝突し、12人が病院へ搬送されたと報告した。

行長距離列車には、寝台車もあった。

ロシアの非常事態相ウラジーミル・プチコフ(Russia's minister of emergency situations, Vladimir Puchkov)はロシアのメディアに対し、この衝突で「12人が搬送され、うち6人は重体」と述べた。

国営ロシア鉄道(Russian Railways state corporation)が発表した声明によれば、衝突は現地時間の2017年04月08日午後10時16分(日本時間9日午前4時16分)に発生した。

通勤電車の運転士が線路上に人がいるのを見つけて急ブレーキをかけたが、ブレーキは故障していて電車は逆走し始めた。同じ線路内に停車していた長距離列車に衝突したという。

ロシア鉄道によると、病院に搬送されたのは20人。死者の情報は出ていない。

列車は、午前5時46分(0246 GMT)に再開された。

ものすごい復旧スピードである。

2017-04-04--ロシアの地下鉄爆破事件で、死者14人になった。

Related Dates