2017-02-15

シュテーデル美術館の「バウハウスからの現在-3次元:空間の概念」展。

アート

ArtDailyは2017年04月08日に、ドイツのフランクフルト・アム・マインにあるシュテーデル美術館(Städel Museum, Frankfurt am Main)で2017年02月15日から05月15日まで開催されている展覧会「Into the Third Dimension: Spatial Concepts on Paper from the Bauhaus to the Present(三次元に:バウハウスから現在への紙の空間概念)」を紹介した。

この展覧会は、1923年の概念アートとしての版画製作例として、エル・リシツキー(El Lissitzky)とラースロー・モホイ・ナギ(László Moholy-Nagy)により作成された幾何学の混合物から始まる。

それは、ルーチョ・フォンターナ(Lucio Fontana)、エドアルド・チリーダ(Eduardo Chillida)、ソル・ルーイット(Sol LeWitt)、ブリンクリー・パレルモ(Blinky Palermo)、ジェームズ・ツレル(James Turrell,)、およびマイケル・リーデル(Michael Riedel.)を含む合計で13人のアーティストの作品を取り巻く。

構成派美術家遠近法的表現を描いているリトグラフ(Lithographs depicting Constructivist perspectival representations)は、二次元の平面から出現する浮き上がった印刷物として表示される。

架空のスペースを明らかにしている裂け目は、壁断片のためのデザインによって並列される。

ミニマル・アート、スペースアート、および軽いアートの数値により作成された3次元(threedimensionality)を呼び起している印刷物は、チョーク図面、折りたたみ、およびコラージュのそばで、20世紀の彫刻家により見られうる。

展示会は、アートワークの航跡において自身を書く予備的なスケッチまたは文書を特徴としない。むしろ、それは、アーティストが、版画製作と引き使用されたテクニックのフォーマルなパラメータ内dで、それらの空間の概念を実行した独立な作品を特徴とする。

ドイツのフランクフルト・アム・マインにあシュテーデル美術館(Städel Museum, Frankfurt am Main)の緯度、経度
50°06'10.0"N 8°40'26.0"E
または、
50.102778°, 8.673889°