on-the-time.jp

2017年04月04日

ドイツでダイバーが、ヨーロッパで初の「洞窟魚」を発見。

自然

AFPは2017年04月04日に、南ドイツの鍾乳洞でダイバーが発見したピンク色の珍しい魚が、ヨーロッパで初めて見つかった「洞窟魚」だと確認されたと報告した。

光の届かない洞窟や地下水脈に生息する洞窟魚はこれまでに世界で150種以上発見されているが、ヨーロッパと南極大陸では確認されていなかった。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

ヨーロッパで初の「洞窟魚」は、研究者らが米国の科学誌カレント・バイオロジー(Current Biology)に発表した。

The first European cave fish
Jasminca Behrmann-Godel
Arne W. Nolte,
Joachim Kreiselmaier,
Roland Berka,
Jörg Freyhof
DOI: http://dx.doi.org/10.1016/j.cub.2017.02.048 |

この魚はバルバトゥラ(Barbatula)属のドジョウの一種で、ダイバーのヨアヒム・クライゼルマイヤー(Joachim Kreiselmaier)が2015年08月、南ドイツにあるドナウ(Danube)川とアーハの泉(Aachtopf)の水系が合流する辺りにある鍾乳洞内で発見した。

写真を撮って専門家らに見せた後、現場に戻って捕獲し、調査を依頼した。

研究者らは、このドジョウの形態的・遺伝的特徴を同じ鍾乳洞内の水面近くを泳ぐ魚と比較した上で、このドジョウが「隔離された個体群であり、ヨーロッパで初めて見つかった洞窟魚」と確認した。

発見されたドジョウは暗闇に生息しているため、目は小さく退化し、他の魚と比べて体の色素も極端に薄い。専門家らによると、過去2万年の間に出現したとみられるという。

これは、大発見である。

こんなところに洞窟があることも知らなかった。

Aach Springの緯度、経度
47°50'48.5"N 8°51'28.9"E

Danubeの緯度、経度
47°57'26.3"N 8°46'20.5"E

Ra.Aachの緯度、経度
47°47'59.3"N 8°52'35.7"E

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。