on-the-time.jp

2017-04-03

Windowsがトップの座を奪われた!

経済調査

日本経済新聞 電子版は2017年04月04日に、基本ソフト(OS)の世界シェアで、Googleが提供する「Android(アンドロイド)」が、マイクロソフトの「Windows(ウィンドウズ)」を抜き、初めて首位に立ったことがは2017年04月03日分かったと、調査会社StatCounter(スタットカウンター)が発表した。

ついにこの時期が来た。

[AD] You can advertise on this site.

「Android」を多く搭載するスマホの普及が追い風になった。
2017年3月のシェアは「Android」が37.93%、ウィンドウズは37.91%だった。

差は微々たるものだが、今後どうなるかは、注目される。

調査会社の幹部は「1980年代以降、マイクロソフトがOS市場を主導してきた時代は終わった。」としている。3位はアップルの「iOS」で13.09%だった。

「Android」の5年前のシェアは約2%にすぎず、「Windows」が約80%と圧倒的だった。スマホが急速に普及する一方で「Windows」の牙城であるパソコン市場が縮小し、「Android」と「Windows」のシェアの差は次第に縮まった。

パソコンに限ると「Windows」は約84%のシェアを維持している。

調査はインターネットに接続して使うデスクトップやノートパソコン、スマホなどを対象に実施した。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.