on-the-time.jp

2017年04月03日

Windowsがトップの座を奪われた!

経済調査

日本経済新聞 電子版は2017年04月04日に、基本ソフト(OS)の世界シェアで、Googleが提供する「Android(アンドロイド)」が、マイクロソフトの「Windows(ウィンドウズ)」を抜き、初めて首位に立ったことがは2017年04月03日分かったと、調査会社StatCounter(スタットカウンター)が発表した。

ついにこの時期が来た。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

「Android」を多く搭載するスマホの普及が追い風になった。
2017年3月のシェアは「Android」が37.93%、ウィンドウズは37.91%だった。

差は微々たるものだが、今後どうなるかは、注目される。

調査会社の幹部は「1980年代以降、マイクロソフトがOS市場を主導してきた時代は終わった。」としている。3位はアップルの「iOS」で13.09%だった。

「Android」の5年前のシェアは約2%にすぎず、「Windows」が約80%と圧倒的だった。スマホが急速に普及する一方で「Windows」の牙城であるパソコン市場が縮小し、「Android」と「Windows」のシェアの差は次第に縮まった。

パソコンに限ると「Windows」は約84%のシェアを維持している。

調査はインターネットに接続して使うデスクトップやノートパソコン、スマホなどを対象に実施した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。