on-the-time.jp

2017-04-03

サンクトペテルブルクの爆発は、テロ!?

犯罪と裁判

毎日新聞は、ロシア第2の都市で北西部のサンクトペテルブルク(Saint Petersburg)の2017年04月03午後2時40分(日本時間同08時40分)ごろ、走行中の地下鉄車両で爆発が起きた。ヴェロニカ・スクボルツォワ(Вероника Игоревна Скворцова/Veronika Igorevna Skvortsova/1960 - )保健相によると少なくとも乗客ら10人が死亡し、子供を含む47人が負傷した。
ロシア国営テレビによるとロシアの大統領ウラジーミル・プーチン(Владимир Путин/Russia's President Vladimir Putin)はこの爆発について報告を受け、原因に関し「テロを含むすべての可能性」を考慮すると述べた。ドミトリー・メドベージェフ(Дмитрий Медведев/Prime Minister Dmitry Medvedev)首相は事件について「テロ行為」と言及したと報告している。

[AD] You can advertise on this site.

今のところ犯行声明などは出ていない。プーチン大統領はこの日、ベラルーシ(Рэспу́бліка Белару́сь/Республика Беларусь/Republic of Belarus)のアレクサンドル・ルカシェンコ(Алякса́ндр Рыго́равіч Лукашэ́нк/Александр Григорьевич Лукашенко/Aleksandr Grigor'evich Lukashenko/1954 - )大統領との会談のため、サンクトペテルブルク郊外に滞在していた。

爆発が起きたのは、サンクトペテルブルク中心部の地下鉄センナヤ広場駅(Сенная площадь)と工科大学駅(Техническая информация)の間。インタファクス通信などによると、爆発で多数の金属片がまき散らされたという。また、地下鉄の監視カメラに爆発への関与が疑われる人物が映っていた。国家テロ対策委員会は、サンクトペテルブルク中心部の蜂起広場駅で不発の爆発物が発見されたと発表した。同時爆破を狙った可能性もある。

サンクトペテルブルクの地下鉄は走行を全面停止し全駅を封鎖した。在ロシア大使館によると、日本人が被害にあった情報はない。

ロシアでは199年のソ連崩壊後、南部チェチェン共和国(Нохчийн Республика/Чеченская Республика/Chechenskaja Respublika Rossijskoj Federatsii)やイングーシ共和国(ГӀалгӀай Мохк/Республика Ингушетия/Respublika Ingushetiya)の過激派による多数のテロ攻撃が起きていた。大きなテロ攻撃としては2013年12月に南西部ボルゴグラード(Волгоград/Volgograd)で30人以上が死亡して以来。首都モスクワでは10年に地下鉄で過激派による自爆テロがあり、40人以上が犠牲となったと伝えている。

2017-04-03---ロシアのサンクトペテルブルクの地下鉄で爆発!約10人死亡。
2013-12-30---ボルゴグラードの鉄道駅爆破に続いて、24時間後にトロリーバス爆発。
2013-12-29---南ロシアで、「自爆テロ犯」により駅が大爆発!死亡者数が,どんどん拡大。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE