on-the-time.jp

2017年03月28日

米国大統領選、「通話傍受」情報疑惑。

政治犯罪と裁判

毎日新聞は、バラク・オバマ(Barack Obama)前米政権に電話を盗聴されたというドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領の主張について、下院情報特別委員会(Permanent Select Committee on Intelligence)のデビン・ニューネス(Devin Nunes)委員長(共和)が通話が傍受されていた可能性があると公表したが、この情報はトランプ政権からもたらされた疑いが浮上している。
特別委は2016年の米大統領選でロシア政府が介入したとされる問題を調査しているが、民主党は中立性に欠けるとして、委員長辞任を強く求めていると報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

トランプ大統領の主張について、ニューネス委員長は当初、FBIのジェームズ・コミー(James Comey)長官らと同様に、盗聴が行われた証拠はないと明言していた。

ところが2017年03月22日の記者会見で、米情報機関が外国政府関係者の動向を調査する際、政権移行チームの通信が「偶然」収集された恐れがあるとの情報を公表した。トランプ大統領は自身の主張が「幾分か認められた」と留飲を下げた。

ただ、デビン・ニューネスは、特別委への通知もないままトランプ大統領に情報を伝えたとして謝罪に追い込まれた。

さらに公表前日にホワイトハウスの敷地内で「情報源」とされる人物と接触したことが2017年03月27日に判明した。ロシアの選挙介入を調査している特別委のトップが政権と結託しているとの疑惑が持ち上がった。

デビン・ニューネスは「(大統領執務棟がある)ウエストウイングは自分の訪問を認識していなかったはずだ」と釈明した。だが、民主党下院トップのナンシー・ペロシ(Nancy Patricia)院内総務は「ニューネスは委員会の信用を傷つけた」と批判し、下院情報特別委員会のアダム・シフ(Adam Schiff)民主党筆頭委員も「トランプ周辺とロシアの関係の調査から外れるべきだ」と要求している。

トランプ政権では前大統領補佐官のフリンが辞任に追い込まれるなどロシア絡みの醜聞が続いている。

政権の脇の甘さが民主党に批判の材料を与えているという側面もある。

2017-03-20---FBI長官コミー、ロシアとトランプ陣営の関係で捜査認める。
2017-03-18---トランプ政権が未確認報道を引用し、イギリス非難で騒動勃発!
2017-03-04---オバマ前大統領は、「選挙直前に私を盗聴」と、トランプが非難。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

この記事に関連する日付

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。