on-the-time.jp

2017年03月21日

クックは、米国とヨーロッパで、支払いの遅い進歩を嘆いている。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、アップルのCEOティム・クック(Apple CEO Tim Cook)は中国開発フォーラム(China Development Forum)で、米国とヨーロッパは、変化のための小売店の下でモバイルの支払いで自発性の開発において中国に遅れをとっていると話したと報告した。

中国の新聞China Dailyにより、アップルのボスは、快く支払い方法の変化を抱擁する中国の中小企業の数を言い、これらのテクノロジーの開発において中国は、米国とヨーロッパにまさっていると言ったと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

「米国とヨーロッパの人々は、クレジットカードに慣れて、米国の小売店は、モバイルの支払いを可能にする新しいターミナルを採用することについて非常に遅い。」「しかし、中国には、中小企業の莫大な数のため、変化を受け入れるために、より高い自発性がある。」と、クックは言った。

産業と情報の省の管理のエージェンシーCNNIC(China Internet Network Information Center/中国互联网络信息中心/中国インターネット情報センター)からの最新の年間統計は、2016年の間に中国の携帯電話ユーザーの約68%がそれらの送受器で支払いをしたことを示した。

これは約4億6900万人に相当し、1年前と比べて31%の上昇であった。

西ヨーロッパと米国の全体をカバーしている最近の統計はほとんどないけれども、ジュニパー研究(Juniper Research)は、ヨーロッパでの支払いをしているモバイル加入者の割合を評価し、米国は中国の数値の下で、まだ長い道のりがある。米国では、2016年にモバイルの支払いをするためにスマートフォンでほんの16.5%に用いられたと言った。

今年早くMobile World Liveで、ジュニパー研究のヘッドであるウィンザー・ホールデン(Windsor Holden, head of forecasting and research at Juniper Research)は、予測と研究で、米国の採用のため、どのようなタイプのコンタクトレスの支払いの使用でも部分的な挑戦に教育が必要であったと言った。西ヨーロッパで、彼は、財布会社がいくつかの国ですでに非常にポピュラーなコンタクトレス・カードから区別する必要があると言った。

これについて、以前から私は米国が、クレジットカードの亡霊に取り憑かれていると言ってきた。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。