gaYa広告

2017年03月21日

東芝、社会インフラ強化!台湾で気象レーダー受注。

自然

日本経済新聞 電子版は2017年03月21日に、東芝は2017年03月21日に、雨量や風速を測定する気象レーダーを台湾中央気象局から受注したと発表した。
東芝が気象レーダーを海外で受注するのは、2014年にインド気象庁から受注したのに続いて2件目で、2019年に稼働を予定している。受注額は非公表だが、案件全体で数億円とみられる。

東芝にとっては小さな案件だが、今はコツコツやるしかない!

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

スペインのGECI社、台湾のハイバウンド社との3社共同で受注した。東芝が気象レーダーを納入し、GECI社が案件全体をとりまとめ、ハイバウンド社が現地工事を担当する。

東芝が受注したのは直径8mを超えるアンテナを持つレーダーで、世界でも数百台しかないという。

気象観測目的のレーダーとしては世界最大級となる。

このレーダーにより半径約400kmの降雨を観測できるという。
台湾では台風の被害が頻発しており、早くから広範囲の降雨をきめ細かく観測できる高精度な気象レーダーのニーズが高まっていた。

東芝は観測データを集めるために電波を出す部品を従来の電子管から半導体に変える「固体化気象レーダー」を採用した。

消費電力が少なくなるほか、電子管の交換も不要となるため、運用コストの低減が期待できる。
入札では、これらの技術や価格が評価された。

東芝は気象レーダーで国内4割のシェアを持つ最大手で、「今後は海外にもシェアを拡大していきたい」語っている。

これまでは、原発に偏り過ぎていた。

経営再建中の東芝は2017年03月14日、巨額損失の原因となった米国原子力事業子会社と半導体メモリー事業を連結対象から外す方針を打ち出した。

東芝は気象レーダーや水処理といった公共インフラなどを提供する社会インフラ事業を強化し、再建を進める方針を明らかにしている。

シャープも、東芝もいい会社だが、時々暴走し、先が見えなくなる。

2017-03-21---日本で苦しんでいる東芝が、インドから飛び立つ!
2017-03-17---米国のS&P、東芝をさらに2段階格下げ。
2017-03-07---東芝、東証2部降格が秒読み!?その先に上場廃止もありえる。
2017-02-16---「1分弱で死亡!」の福島原発2号機探査に、2時間しかもたないサソリ型の自走式ロボットを初投入。
2017-02-16---自走式の「サソリ型ロボット」、目標の原子炉直下まで到達できず!
2017-02-02---福島原発2号機の毎時530シーベルトは、「1分弱で死亡!」
2016-12-29---東芝株、原発で大規模損失。時価総額一時1兆円割れ!
2015-07-21---東芝は、粉飾決算スキャンダルの結果取締役会長が辞任。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告