2017年03月14日

サイバー犯罪者は中小企業をターゲットにしている。

モバイル・マネー犯罪と裁判

Vocalinkは、Vocalink Connect 「Peiments News and Insight from Vocalink」で、サイバー犯罪者はセキュリティの甘い中小企業をターゲットにしていると報告した。

革新的で、創造的、そしてテンポが速いSMEs(small medium-size enterprise/中小企業)は、たぶん、成長を動かし、サイバー犯罪の星雲状の脅威を多く気にするために興味深い製品を開発することに忙しすぎる。結局、私達すべては、悪い事が他の人々に起こるだけであると考えていると伝えている

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

しかし、サイバー犯罪を特にターゲットとしているSMEsは上昇中である。
デジタル・ハッカーはSMEsにそれらの目の焦点を確実に合わせて、中小企業の約74%は、最新の政府セキュリティ違反調査に従ってセキュリティ違反を報告している。

バークレーカード(Barclaycard)の研究は、1年間に最低1回のサイバー攻撃によって中小企業の48%が打たれたと気付いた一方、10%は繰り返し出来事から損害を被った。

そして、詐欺が中小企業に起こる時に、それは激しくヒットする。支払勘定から取り去られたお金は、新しい専門スタッフメンバー、または市場拡張を雇用して研究開発に投資されたかもしれない。

さらに、もし詐欺がプレスに報告されるなら、投資者は、重要な出資を危険にさらして驚かされうるであろう。
詐欺はまた、従業員のため、会社への信頼の損失を引き起こすかもしれないと言っている。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告