on-the-time.jp

2017年03月15日

南極のペンギンの個体数、これまでの推測の2倍。

自然

AFPは2017年03月16日に、東南極(East Antarctica)に生息するアデリーペンギン(Adélie penguins)の個体数は、これまで考えられていた数の倍以上だとする調査結果が、発表されたと報告した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

調査を行ったのは、オーストラリア、フランス、日本の研究チームで、今回の数字は、上空と地上の2方向からの調査やタグの取り付け、観察データ、繁殖時期の自動撮影の画像などを使った調査で明らかになった。

研究チームは、全長5000kmの海岸線を対象とし、そこに生息する個体数を590万羽と推測。これは、これまでの予想よりも360万羽より多い。そしてこの数字を基に、世界全体の生息数を1400万〜1600万羽と推測した。

AAD(Australian Antarctic Division/オーストラリア南極局)の海鳥保護活動家ルイーズ・エマーソン(Louise Emmerson)によると、以前は個体数の推測には繁殖中のつがいの数のみが考慮されていたという。

ルイーズ・エマーソンは、「しかし東南極で行ったわれわれの調査では、繁殖中ではないアデリーペンギンの数が、繁殖中のペンギンの数と同程度、あるいはそれよりも多いことが明らかになった」と述べ、「これらのペンギンは将来の繁殖に重要で、その数を推測することによって、個体全体が必要とする餌の量についての理解を深めるべきことが明白になった」と続けた。

泳ぎが得意なアデリーペンギンは、南極大陸とその周辺にある複数の小島に生息しており、沖に浮かぶ海氷の周囲で越冬する。

アデリーペンギンの繁殖率、飼育方法などを考え、未来の食肉にならないのだろうか?

研究者は考えられないかもしれないが、中国、インドが発展すると、必ず食糧危機はくる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。