2017年03月15日

シリア内戦で、医療従事者の死者が800人以上。

健康戦争と平和

AFPは2017年03月15日に、シリアで2011年に内戦が始まって以後、「戦争犯罪行為」によって殺害された医療従事者が800人余りに上るとの調査報告を専門家チームがまとめ、2017年03月15日にイギリスの医学専門誌ランセット(Lancet)で発表したと報告した。

主に政府側部隊が行った病院への爆撃、銃撃、拷問、処刑で犠牲になった。
チームは、シリア政府と同盟国ロシアが医療制度の破壊を戦争の武器にしていると非難している。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

調査にはレバノンの首都ベイルート(Beirut)や米国、イギリスにある大学、「SAMS(Syrian American Medical Society/シリア系米国人医療協会)」など非政府組織(NGO)の専門家が参加した。集めたデータから、2011年3月から2016年9月までに医師247人、看護師176人を含む782人の医療従事者が殺害されたことが明らかになった。

2016年09月以降、さらに少なくとも32人が死亡した。
「6年に及ぶ紛争中の戦争犯罪行為によって殺害された人は、合計で814人に達した」としている。死者数は少なく見積もられている可能性が高いという。

医療施設に対する攻撃の94%は、シリア政府またはロシアなど同盟を組む国・勢力によるものだった。

6年に及ぶシリア内戦では少なくとも32万人が死亡し、おびただしい数の人が避難を余儀なくされている。

専門家らは、シリア政府が医療従事者を戦略として標的にしていることがうかがえるとし、その規模はこれまでの戦争で前例がないものだと指摘している。

ただし、この調査が、ベイルートや米国、イギリスにある大学、シリア系米国人医療協会のSAMSなどのNGOの専門家が参加して集めたデータということで、医療施設に対する攻撃の94%は、シリア政府またはロシアなど同盟を組む国・勢力によるものだったということは信じがたい。つまり、データ調査が偏っている。

私は昔から、調査の方法で、どのような数字でも導き出せることを何度も味わってきている。
特に米国の調査は、調査組織の買収まで起こっている。

以前、Googleが、comScoreの調査結果にクレームを付け、脅迫したことを知ってる。
また、米国の非政府組織(NGO)がロビー団体として、政治団体と密着していることも見てきた。

アカデミックな調査は、それをしたらデータだけが独り歩きするので、調査方法に平等を取り入れている。

つまり、「情報のパラドックス」「「常識」というパラドックスとパンドラの箱」「アンケートのパラドックス」に、神経を使わないデータは信用できない。

私は肌で、医療券傾斜がいんでいる土地には入らないようにしている。
以前、エチオピアに古代キリスト教であるコプトの聖書を見に行こうと誘われたが、当時エチオピアは原因不明の病気で、医者が多く死んでいたので、中止した。

2017-03-13---6年間のシリア内戦で、死者32万人以上!

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

gaYa広告