gaYa広告

2017年03月15日

ブルンジは、マラリアで今年700人死亡、感染者は180万人。

健康

AFPは、ブルンジ(Burundi)のジョジアンヌ・ニジムベレ(Josiane Nijimbere)保健相は2017年03月13日に、ブルンジでは今年に入って約700人がマラリア(Malaria)で死亡したとことを明らかにした。
WHO(World Health Organization/世界保健機関)によると、ブルンジでは今年に入って180万人のマラリア感染が確認されている。

ブルンジは、湖に囲まれた湿地帯であり、蚊はどこでも増える。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

WHOの報告に対しニジムベレ保健相は「ブルンジはマラリアの流行に直面している」とコメントした。

WHOによると2017年01月01日から、ブルンジ国内では180万人のマラリア感染が確認されたという。ニジムベレ保健相によると、この数字は前年の同時期に比べて17%増加しているという。

UN(United Nations国連)や医療機関はブルンジ国内から抗マラリア剤がなくなりかけていると述べており、またニジムベレ保健相はマラリア対策にウS$3100万(約35億円)かかると見込んでいて、支援を呼び掛けている。

ブルンジは2015年04月、ピエール・ヌクルンジザ(Pierre Nkurunziza)大統領が3選出馬を表明したことに対し、野党勢力が憲法や2006年に内戦を終結させた和平合意に違反するなどとして抗議し、政治危機に陥り、混乱状態が続いている。

その影響でこれまでに数百人が死亡し、数十万人が国を逃れたとされている。

またこの混乱により、昨年のブルンジの医療予算は前年より54%削減された。

ワクチンと蚊帳で、防げる。

ブルンジ(Burundi)の緯度、経度
3°22'23.0"S 29°55'08.0"E

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告