2017年03月14日

治療の不満で、患者が火を放ち女性看護師焼死!

犯罪と裁判健康美容と医学の科学ファッション

AFPは、イスラエルの病院で2017年03月14日に、78歳の男性が女性看護師コバー・カラロ(Tovah Kararo)に火を放ち、死亡させる事件が発生したと、警察当局が発表したと報告した。

男は治療に不満を持っていたとみられる。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

事件が起きたのはテルアビブ(Tel Aviv)の南東に位置するホロン(חוֹלוֹן/حولون/Holon)で、警察によると容疑者の男は現場から車で逃走したものの、後に逮捕されたという。

死亡した女性看護師は40歳前後だったとされている。

事件現場でニュースサイト「Yネット(Ynet)」の取材に応じた警察当局者によると、男はホロンの病院に来院したが治療に満足できず、話し合いの際、この男を担当していた女性看護師に引火性の液体をかけたという。
ただし、写真を見るとキッチン・ライターのようである。

もし、キッチン・ライターで火をつけたなら、どのような服装だったのだろう?

事件が起きた病院を運営する医療機関の代表者は公共ラジオ局とのインタビューで、容疑者の「治療の背景」は不明としつつ、男性が精神上の問題を抱えていた可能性もあると示唆した。

女性看護師は、治療はしなかっただろう。
対応の仕方だったかもしれない。
そういえば、休学中の学生証をエルサレムの観光案内所で見せてたら、休学中の学生証では、学生と認めないというので言い争ったことがあり、不愉快に感じだことがある。

テルアビブ(Tel Aviv)の南東に位置するホロン(חוֹלוֹן/حولون/Holon)の緯度、経度
32°01'00.0"N 34°46'00.0"E
または、
32.016667,34.766667

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。