on-the-time.jp

2017年03月08日

サンローランの「品位傷つける」広告、仏規制当局が撤去を命令。

ファッション犯罪と裁判

AFPは、フランスの高級高級ファッション・ブランド「サンローラン(Saint Laurent)」が新たな広告キャンペーンで、痛々しいまでに痩せたモデルが「品位を傷つける」ポーズを取る写真などを使ったポスターがパリ(Paris)中に張り出され、激しい非難の声が巻き起こった事態を受け、フランスの広告規制当局はサンローランにポスターの撤去を命じたと報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

民間の広告規制機関ARPP(Autorité de Régulation Professionnelle de la Publicité)の代表を務めるステファヌ・マルタン(Stephane Martin)は2017年03月07日に、AFPの取材に応じ、ポスターに使われた毛皮のコートに網タイツ姿の女性が両脚を開いて横になる写真や、レオタードを着てローラースケート形のハイヒールを履いたモデルが腰を突き出してスツールにもたれかかる写真について、ARPPに120件を超える苦情が寄せられたと明かした。

ただし、強制権はあるのだろうか?

ARPPは人々の「品位を傷つけ、侮辱する」表現を禁止しており、マルタンによるとARPPはサンローラン側に、「これらの写真の使用を中止し、撤回するか変更するか」するように求める旨を伝えた。また、より詳細な判断が10日に下されるという。

一方、サンローラン側はコメントを拒否していると伝えている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。