on-the-time.jp

2017-03-08

サンローランの「品位傷つける」広告、仏規制当局が撤去を命令。

ファッション犯罪と裁判

AFPは、フランスの高級高級ファッション・ブランド「サンローラン(Saint Laurent)」が新たな広告キャンペーンで、痛々しいまでに痩せたモデルが「品位を傷つける」ポーズを取る写真などを使ったポスターがパリ(Paris)中に張り出され、激しい非難の声が巻き起こった事態を受け、フランスの広告規制当局はサンローランにポスターの撤去を命じたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

民間の広告規制機関ARPP(Autorité de Régulation Professionnelle de la Publicité)の代表を務めるステファヌ・マルタン(Stephane Martin)は2017年03月07日に、AFPの取材に応じ、ポスターに使われた毛皮のコートに網タイツ姿の女性が両脚を開いて横になる写真や、レオタードを着てローラースケート形のハイヒールを履いたモデルが腰を突き出してスツールにもたれかかる写真について、ARPPに120件を超える苦情が寄せられたと明かした。

ただし、強制権はあるのだろうか?

ARPPは人々の「品位を傷つけ、侮辱する」表現を禁止しており、マルタンによるとARPPはサンローラン側に、「これらの写真の使用を中止し、撤回するか変更するか」するように求める旨を伝えた。また、より詳細な判断が10日に下されるという。

一方、サンローラン側はコメントを拒否していると伝えている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.