2017-02-24

任天堂、ゲリラ・マリオカート・ハッカーを提訴。

犯罪と裁判

毎日新聞は、任天堂はキャラクター「マリオ」の衣装などを無断使用され、著作権を侵害されたとして、東京都品川区の公道用カートのレンタル会社「マリカー(maricar)」の経営者らに1000万円の賠償を求める訴えを東京地裁に起こしたと報告した。

マリカー社は東京や大阪で公道を走れる1人乗りカートのレンタル業を行っている。
任天堂の発表によると、マリカー社は、任天堂のゲームシリーズ「マリオカート」の略称となっている「マリカー」を社名などに使用している。

カートを貸し出す際にマリオなどのキャラクター衣装を貸し出し、その画像や映像を任天堂の許諾を得ずに宣伝や営業に利用した。

任天堂の広報担当によれば、「数カ月前から警告してきたが、誠意のある回答は得られなかった」としている。
マリカー社側は「後日、見解を発表する」としている。

富士 MARICAR‏@fujimaricarが2月23日に、その他
#MariCAR #Tokyo #Shinagawa #Roppongi #Odaiba #Shibuya #Akihabara #Osaka #MtFuji #Okinawa #マリカー #品川 #お台場 #渋谷 #六本木 #秋葉原 #大阪 #富士山 #河口湖 #沖縄などを紹介している。

これは、もうゲリラ・マリオカート・ハッカーである。

しかし、任天堂のキャラクター「マリオ」の衣装ではなく、鹿や馬やクマなどなら、問題は無くなるのだろうか?
紛らわしい許可を警察は出したものである。

また、著作権なので、ビジネスではなく、個人的に楽しむために作るのは問題はないはずである。

個人的に任天堂のキャラクター「マリオ」になりきって、アメリカ横断は可能だろう。