2017年02月23日

イラク軍、モスルの空港奪回。

戦争と平和

AFPは、イラク軍は2017年02月23日に、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」が支配する同国第2の都市モスル(Mosul)南部の空港に突入したと報告した。

イラク軍がモスルの空港へと進入するのは、「IS」が同地を制圧した2014年以来初めてとなる。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

イラク軍は攻撃機、武装ヘリ、無人機の援護を受けながらモスル南部の平地を進み、空港の敷地へと突入した。
「IS」による抵抗はほとんどみられないが、イラク軍は狙撃を警戒し機銃掃射を続けている。

内務省の精鋭部隊である即応部隊は、モスル南郊の村アル・ブセイフ(Al-Buseif)から北へと進攻し、空港の南西側から突入した。その後、警察部隊も続いて進入した。

空港内でAFPの取材に応じた即応部隊の幹部は、「空港への突入が完了し、工兵部隊が路上の散乱物を撤去している」と語った。

いよいよ、「IS」作戦も見え始めたかもしれない。

しかし、イラク軍というが、全ての装備は米軍である。

Mosul International Airportの緯度、経度
36°18'21.0"N 43°08'51.0"E
または、
36.305833, 43.1475

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告