gaYa広告

2017年02月11日

クジラ400頭に続き、新たにクジラ200頭が打ち上げられた。

自然

AFPは2017年02月11日に、ニュージーランド南島(South Island)のゴールデン湾(Golden Bay)にある浜辺に2017年02月10日、400頭以上のゴンドウクジラが打ち上げられているのが見つかった。大半はすでに死んでいるのが確認された。

地元当局は、ニュージーランドで確認されたクジラの大量打ち上げとしては過去最大規模だとしている。

現場は南島の北端にある同湾フェアウェル岬(Farewell Spit)。
DOC(Department of Conservation/ニュージーランド環境保全局)のアンドルー・ラマソン(Andrew Lamason)報道官によると、夜間にゴンドウクジラ416頭が浜辺に乗り上げた。これまでに7割ほどが死んだという。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

残るクジラについては、満潮の間に沖に戻そうとボランティアらが懸命の作業を行っているが、救出できる見通しは立っていないという。

アンドルー・ラマソンはラジオ・ニュージーランド(Radio New Zealand)に「これだけの数が死んでいる以上、残りのクジラも状態は悪いと考えざるを得ない」と語っている。

また、アンドルー・ラマソンは、これらのクジラが打ち上げられた原因は分からないとする一方、考えられる要因の一つとして現場の地形を挙げ、「フェアウェル岬の近くには湾曲した巨大な砂洲が広がっている。湾は水深が非常に浅く、クジラがいったん入り込んでしまうとそこから出るのはとても難しい」と述べている。

さらに、2017年02月11日午後に、新たに200頭のクジラが打ち上げられた。

クジラが新たに打ち上げられるのを防ごうと、サメの脅威をものともせずに海に入って「人間の鎖」をつくるなどして一日中奮闘していた人々に失望感を抱かせる結果となった。

DOCは日没が迫ると、クジラを海に戻す作業を続けるのは危険すぎると判断し、クジラを一晩放置することを決めた。

今回の事態は10日、ゴンドウクジラ416頭がフェアウェル岬(Farewell Spit)に打ち上げられているのが発見されたことから始まった。大半はすでに死んだが約100頭が生き残っていた。

2017年02月11日、クジラが打ち上げられることで知られるこの岬にボランティアらが集まり、生き残ったクジラの救助活動に加わった。

生き残っていたクジラは午前の満潮時に海中に戻されたが、沖合に集まっていた別の200頭のクジラの群れに合流した。

救助活動に加わった人々はサメの脅威をものともせずに首の深さまで海に入って「人間の鎖」をつくり、生き残ったクジラを沖合に誘導するとともに、別の200頭が浜辺に近づかないようにした。

DOCの広報担当ハーブ・クリストファーズ(Herb Christophers)は「みんなが、さらにクジラが死ぬことを防ごうと最善を尽くしたにもかかわらず、約200頭というゴンドウクジラの大きな群れが、打ち上げられてしまった。」「打ち上げられたクジラの一部は救うことができるかもしれない。打ち上げられたクジラすべてを無事に海中に戻すことはできないかもしれない。」と述べた。

さらにハーブ・クリストファーズは「一部のクジラを助けることができたとしても、今回起きたようなことがあればまた打ち上げられ、救出活動は長引き、クジラを救える可能性は低くなるかもしれない」と語った。

生物学者なら、因の一つとして現場の地形を挙げ、「フェアウェル岬の近くには湾曲した巨大な砂洲が広がっている。湾は水深が非常に浅く、クジラがいったん入り込んでしまうとそこから出るのはとても難しい」と述べているいるが、正直な要因を述べるべきだろう。

つまり、増えすぎた。
これだけは、言わないようにしているようだが、それは科学的ではない。

また、フェアウェル岬の根元を切って、新しい流れを作らないのか?

日本の「因幡の白ウサギ」は、海のサメではなく、イルカやクジラではなかったのか?

今の努力は、危険で、幼稚で、知的ではなく、科学的ではない。
助けると言って、殺している。
そして、腐らして、海を汚している。

その肉を缶詰にして、食糧危機の国に提供すべきだろう。
ここで働いている人のエネルギーも無駄の浪費である。
こういう無駄の浪費が、地球の温暖化を加速していると、誰も考えていない。

これだけのクジラの肉は、何人を助けれれるか?

こんな非科学的な人たちに、何ができるというのか?

ニュージーランド南島(South Island)のゴールデン湾(Golden Bay)のフェアウェル岬(Farewell Spit)の緯度、経度
40°31'00.0"S 172°52'00.0"E
または、
-40.516667, 172.866667

2017-01-15---シー・シェパード、調査捕鯨の写真公開。
2016-02-04---ヨーロッパで、過去2週間に29頭目のマッコウクジラが打ち上げられた。
2015-10-18---クジラ死骸の胃から大量のゴミ。
2015-05-22---残酷な日本人のシンボル、イルカをおもちゃにして殺したカップル!
2015-05-20---日本の水族館は、和歌山県太地町のイルカ漁を止めさせると行った。
2015-02-13---ニュージーランドで座礁のクジラ、100頭以上が死ぬ。
2015-01-29---博物館では、恐竜よりシロナガスクジラの方が驚異。
2015-01-12---アイスランドの醸造所は、伝統の『クジラ睾丸ビール』を作る!
2014-11-06---ニュージーランドで、50頭のクジラが座礁した後に死んだ。
2014-09-19---日本は、IWCの指示にもかかわらず、2015年に捕鯨を再開。
2014-06-09---日本は毎年のクジラ調査再開を要求。
2014-05-28---オーストラリアで、クジラ座礁急増。
2014-04-29---死んだシロナガスクジラは、「爆発するかもしれない。」
2014-04-18---日本は来週から、縮小された太平洋の捕鯨を開始する。
2014-03-31---日本は、国際司法裁判所から調査捕鯨に停止命令を受けた。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。