gaYa広告

2017年02月04日

ハイパーリアリスティック人間型彫刻。

アート未来

ArtDailyは2017年02月05日に、コペンハーゲンのARKEN美術館(ARKEN museum in Copenhagen)で2017年02月04日から、髪の毛が逆立つような超リアル人間型彫刻(hyperrealistic humanoid sculptures)「GOSH! Is it Alive?」というタイトルで展示会を開始したと報告した。

技術の完璧さによって、作品が、現在のロボット・テクノロジーと人工知能からとして、人権があるようにそれが意味しているものについて、非常に話題の発行物を持ち上げるスケール、存在、およびユーモアの騒動が、根本的な方法で接地した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

ハイパーリアリズムはちょうどコンテンポラリー・アートの本当に大きい傾向のうちの1つである。

ARKENはGOSHのジャンルで最も有名な名前のうちのいくつかを「GOSH! Is it Alive?」で集めた。

展示会は、展示会の主要な作品のうちの1つを作成したマウリツィオ・カテラン(Maurizio Cattelan)、トニー・マテリ(Tony Matelli)および特に長さ5mの彫刻「A Girl from 2006」のロン・メック(Ron Mueck)他、31人の国際的に認められていたアーティストによる作品を示す。

実存主義の身震い
展示会の人と彫刻の遭遇において、私達は、別の人間であるようなものに近くなる。

それは刺激的で、生と死、現実とファンタジー、人とマシンの間の関係を持つ大きい範囲への作品のために脅える。

超リアルの彫刻を代表する誇張されたリアリズムは、セルフレクリエーションの人類の夢と関連する。

人間形のロボット、生霊、またはゆがめられた生き物は、ずっと多種多様な恐怖とSF映画においてフランケンシュタインの怪物(Frankenstein’s monster)についてのクラシックから、ブレード・ランナー(Blade Runner)、ターミネーター(Terminator)および最も最近に、映画のArrival and the HBOシリーズWestworldのように思われる。

完全なコピーを通る不滅性の夢、または悪夢は、たぶん、すぐロボット/テクノロジー(robot technology)、遺伝子工学(genetic engineering)、クローン(cloning)、および人工知能(artificial intelligence)を経て実現できる。

ハイパーリアリズムは強調する
ハイパーリアリズムは、1960年代にポップと概念アートのような現象によって反応としてその最初を対等の立場の抽象的表現主義に持っていた。

アイデアは、芸術的な表現として日常生活と現実、一種のソーシャル・リアリズムに場所を与えることであった。

それ以来、何人かのアーティストが、狼狽させる程度に見る本当の人々、および幻覚を完成する素材において作られることについてのように彫刻で働いた。

「GOSH! Is it Alive?」は、ハイパーリアリズムの最も突出したアーティストのうちのいくつかを経験する申し出の機会。
終わるロン・メックを通るドゥエイン・ハンソン(Duane Hanson)のアメリカの中流階級の肖像の描写、および解放された不思議からフランク・ベンソン(Frank Benson)のSFの小型の。

展示会は、雰囲気に富んでいる照明およびスケノグラフィア的不意打ちによってデザインされて、2017年02月04日から08月06日まで開催される。

参加アーティスト
Zharko Basheski (MK),
Frank Benson (US),
Berlinde de Bruyckere (BE),
Maurizio Cattelan (IT),
Brian Booth Craig (US),
John Davies (UK),
John DeAndrea (US),
Keith Edmier (US),
Carole A. Feuerman (US),
Daniel Firman (FR),
Robert Gober (US),
Robert Graham (US),
Duane Hanson (US),
Uffe Isolotto (DK),
Sam Jinks (AU),
Allen Jones (UK),
Peter Land (DK),
Tony Matelli (US),
Paul McCarthy (US),
Ron Mueck (AU),
Juan Muñoz (ES),
Evan Penny (ZA),
Patricia Piccinini (AU),
Mel Ramos (US),
Jamie Salmon (UK),
George Segal (US),
Marc Sijan (RS),
Kurt Trampedach (DK),
Anna Uddenberg (SE),
Xavier Veilhan (FR) and
Erwin Wurm (AT).

コペンハーゲンのARKEN美術館(ARKEN museum in Copenhagen)の緯度、経度
55°36'22.0"N 12°23'15.0"E
または、
55.606111, 12.3875

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告