on-the-time.jp

2017年02月05日

うちのお向かいの人はMiraiを買ったようです。

未来

昨日、お向かいの家の車が、新しいブルーの車になっていたので、よく見たらトヨタの水素自動車Miraiでした。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

トヨタのMiraiのページには、今注文しても、届くのは2019年だそうです。

すでに注文している人も、納期が2019年以降になるかもしれないと言っています。

希望価格は¥7,236,000です。

今届くということは、発表してすぐに注文したのでしょう。

金があっても買えません。

ビートたけしの車ロールスロイスやブガティも下落です。

問題は、センスでしょう。

2015-06-29---北海道産「グリーン水素」実験。
2015-01-15---トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」1カ月で、年間予測の4倍受注!
2015-01-05---トヨタは、どのように水素動力車を作ったかを知っていてほしい。
2014-07-29---トヨタは新しい水素燃料自動車の価格をUS$69,000に設定。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告