gaYa広告

2017年01月31日

スマートフォンの世界シェア、アップルが2年ぶり首位!

経済モバイル・マネー

日本経済新聞 電子版は2017年02月01日に、米国のアップルがスマートフォン「iPhone」の売り上げを回復させた。
直近の世界シェアで韓国サムスン電子をわずかにかわし、2年ぶりに首位に返り咲き、スマートフォンをパソコンやタブレットの代わりに使う場面が増えるなか、大画面モデルに人気が集中している。サムスンが発火事故で販売中止に追い込まれたのは最新の大画面モデルで、アップルは敵失で一気にシェアを奪い返したと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

米調査会社ストラテジー・アナリティックス(Strategy Analytics)は2017年01月31日、2016年10〜12月期にアップルの世界スマホ市場でのシェアは17.8%となり、0.1ポイントサムスンを上回ったと発表した。

前の期に8ポイントあった差を逆転した。
高価格帯のスマートフォン市場では両社がシェアを分け合う。発火事故が起きた後にサムスンが落としたシェアをアップルが吸収した構図が鮮明になった。2014年10〜12月期は両社ともにシェアは19.6%だった。

販売したiPhoneのうち大画面モデルの比率は過去最高。新モデルが大画面モデルに偏って売れた結果、iPhoneの平均単価は2016年09月末よりUS$76(約8600円)高い694ドルまで上がった。サムスンが販売中止にした「ギャラクシーノート7」は5.7インチ画面で、5.5インチのアップルの大画面モデルと直接競合する。大画面偏重の市場がサムスンの痛手をさらに広げた可能性が高い。

大画面ではない最新モデルの売れ行き自体は伸び悩み、旧モデルを含めた大画面モデルが販売をけん引した。逆に人気の大画面マートフォンと競合するタブレットの「iPad」は19%減と不振が続いている。

売上高の約7割を占める主力のiPhoneの販売が回復した結果、アップルが2017年01月31日に発表した2016年10〜12月期の売上高は前年同期比3%の増収となった。ドル高の影響で約1ポイント目減りしたが、1年ぶりの増収を確保。売上高は過去最高を更新した。

ただし、全方位型のサムスン電子が、再度追い抜くことは確実で、それはApple PayやSamsung Payにも言える。

このままでは、すでにそのスイッチは、入っている。

優位で残っているのは、コンテンツである。

音楽配信、決済などのサービス事業の売上高は18%増の71億ドルとなり過去最高を更新。利用者あたりの消費額が2桁ペースで成長しているという。アプリ市場からの収入は4割以上増えたほか、決済サービスの処理件数が6倍になるなど急成長している。

サービス事業はスマートフォンに次ぐパソコン事業とほぼ並ぶ規模にまで成長し、将来的に2番目の柱となるのはほぼ確実。決算発表後の記者会見でティム・クック(Tim Cook)最高経営責任者(CEO)は「音楽を楽を皮切りに始めた独自コンテンツ配信の拡大を検討している。今後4年でサービス事業の規模を倍にしたい。」と語った。

2017-01-19---中央地裁、サムスン副会長の逮捕状請求棄却!
2016-12-20---Samsung Pay、2017年第1半期にインドでスタートを設定!
2016-11-08---サムスン、Galaxy Note 7爆発問題で、米国紙で全面謝罪広告!

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告