on-the-time.jp

2017年01月28日

現実世界で、映画「007」シリーズの「Q」は女性。

犯罪と裁判

AFPは、映画「007」シリーズで主人公ジェームズ・ボンド(James Bond)の独創的な道具や装置を発明している「Q」は実在し、現実世界では女性であると、イギリスの対外情報部「MI6」長官が明らかにしたと報告した。

今週、ロンドン(London)で開催されたIT業界で活躍する女性たちを表彰する式典に出席したMI6のアレックス・ヤンガー(Alex Younger)長官は、「現実世界のQが皆さんに会えるのを楽しみにしている。現実のQは女性であることを報告できるのは喜ばしい。」と述べた。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

007シリーズでは歴代のQ役は男性が演じている。ただし、ジェームズ・ボンドとQの上司「M」役は1995年から2015年までイギリス女優のジュディ・デンチ(Judi Dench)が演じた。

ヤンガー長官は、ボンドの評判は現実の国際的な情報活動に長所と短所をもたらすとして、エレガントな諜報(ちょうほう)員007がMI6に負わせたイメージとしてつくり上げた幻想を一掃したいと述べた。

またヤンガー長官は「ある意味ではありがたいことだ。われわれと敵対する存在が、あらゆるところにMI6の職員が潜み、MI6の規模が実際より1万倍も大きいと思ってくれるのだから」と話した。

さらに同長官は「しかし問題もある。MI6に参加する人物について、おしゃれだったり、オックスフォード大学(University of Oxford)に行ったりというような、ある種特定の人物であるという固定観念につながる。」と語り、「私たちは、イギリスのあらゆる社会に範囲を広げて、経歴にかかわらず最良の人材を確保できるようにしたい。」と述べた。

Chief of the Secret Intelligence Service (SIS)
Alex Younger

Biography
Alex Younger is the Chief of the Secret Intelligence Service (known as MI6). He was appointed in November 2014. He is a career MI6 officer and has been in the service since 1991.

MI6 career
Alex has had overseas postings in Europe and the Middle East and was the senior MI6 officer in Afghanistan.
He has held several operational roles in London, including leading MI6 work on counter terrorism in the 3 years running up to the London 2012 Olympics.

Early career and education
Before joining MI6, Alex was an officer in the British Army. He studied economics at university.

Chief of the Secret Intelligence Service (SIS)
The Chief of the Secret Intelligence Service (known as MI6) is the only serving member of the service who is officially named in public.

The role is appointed by and accountable to the Foreign Secretary.

The Chief is responsible for the control of MI6 operations and for the efficiency of the service. The role holder makes an annual report on the work of MI6 to the Prime Minister and the Foreign Secretary.

Secret Intelligence Service

2015-09-22---ジェームズ・ボンドのウオツカ!
2015-07-28---アレキサンダー・リトビネンコ必殺のポロニウム。
2015-06-14---米国国防総省から、リクルートを受けた日本人が居た。
2015-06-14---2013年までの米国とイギリスのスパイ身元特定の危機!
2015-06-14---イギリスのスパイは、スノーデン・ファイルが解読され、移動した。
2015-06-11---イランの核問題で、スイス人とオーストリア人へのサイバー攻撃を精査。
2015-03-31---日本は,独自のCIAを熟考中!
2015-03-01---テロリストは、メッセージをコード化し、eBayとRedditで送信。
2015-02-26---日本は,海外でのスパイ活動で、MI6やCIAのように支える。
2015-01-27---前ロシア・スパイのアレキサンダーは、2回毒が飲まされた?
2015-01-19---イギリスの諜報機関GCHQ、大手報道機関の記者メールを傍受。
2014-12-30---サッチャー・ゴルバチョフ交流、機密ファイルを公開。
2014-11-18---残忍な専制者と言われた政治家のもう一つの顔と真実。
2014-10-23---覆面捜査官との子供を産んだ女性に慰謝料£42万5000。
2014-10-22---MI6で秘密だが、スパイとして働くのはどのようなものか?
2013-11-13---イギリスの警察、「カバンに入ったスパイ」変死事件を「事故死」と判断。
2012-12-02---ジェームズ・ボンドは、Skyfallの技術テストに落第!
2012-10-18---イギリス政府は新しいスキーム「スパイ見習」を始める。
2012-06-25---ジャームズ・ボンドの職場、MI5はサイバーテロ攻撃と戦っている。
2012-06-23---アラン・チューリング、生誕100周年。
2012-06-23---アラン・チューリングは、「何百万もの命」を救った。
2012-03-23---最近発見されたスペインの暗号解読機械「Enigma」。
2011-11-16---エニグマ解読の現場ブレッチリー・パークを永久保存に成功!
2010-09-21---イギリス外務省管轄軍事スパイ組織「MI6」の歴史本出版。
2010-09-17---イギリス国内スパイ組織「MI5」のヘッドは本格的テロ攻撃を警告。
2010-08-26---ヒトラーは、イギリス上陸を計画していた!
2009-07-05---イギリスの外務向け諜報機関「MI6」のチーフの家族生活公開!
2009-06-26---イギリス政府は、サイバー犯罪と戦うためにハッカー募集!
2008-10-05---イギリス、ブラウジング、通話、メール全記録保存!
2007-01-09---イギリスのスパイ組織「MI5」テロ情報を電子メール・サービス開始。
2005-10-15---イギリス外務省諜報局「IM6」は寒々。
2005-10-14---イギリス外務省のスパイ組織「IM6」の人材応募は少なく、寒々。
2005-09-21---ペンタゴンを舞台にしたテレビ・ドラマ「E-Ring」の放送が開始された。
2005-09-14---日本の有識者懇談会が外務省にスパイ組織創設を提言。
2005-07-19---CIAに続いてイギリス内務省も無能?
2005-03-23---イギリスのスパイ組織「MI5」が中間管理職募集。

MI5とMI6の詳細情報

MI5 / Security Service
PO Box 3255
London SW1P 1AE
England

MI5のGoogle Earthポインター情報
51°29'36.5"N 0°07'32.8"W
または、
51.493464, -0.125789

MI6 / SIS
PO Box 1300
London SE1 1BD
England

MI6のGoogle Earthポインター情報
51°29'13.0"N 0°07'28.3"W
または、
51.486933, -0.124536

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。