gaYa広告

2017年01月28日

目指せ!有人動力飛行機世界一周!かっこよすぎる高校生!

未来

毎日新聞は、名古屋市中川区にある名古屋市立工業高校の飛行機同好会の生徒が1人乗り動力飛行機を作り、津市香良洲町の民営飛行場で2017年1月28日に、試験飛行に臨んだと報告した。

「日本の飛行機の父」と呼ばれる明治時代の航空機研究家二宮忠八が考案した機体を参考に製作したもので、1mほどの高さを約70m飛んだ。

高校生が有人の動力飛行機の飛行に成功するのは全国でも珍しいと伝えている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

2010年に当時の生徒らが製作を始めた。2012年に初号機を作ったが、機体が重くて飛行を断念した。

その後も後輩らが有人飛行の夢を引き継ぎ、名古屋市科学館や機械加工メーカーなどの協力も得ながら軽量化を図ってきた。

卒業生を含め40人以上が関わったと話している。

今回の機体は重さが174kgで、初号機の半分程度に抑制。
全長5.8m、幅9.5m、高さ2.9mで、既製品の500CCエンジンを搭載している。
機体設計で参考にしたのは、ライト兄弟が初めて有人動力飛行に成功した10年前の1893年に二宮忠八が考案した「玉虫型飛行器」で、プロペラを機体後部に配置し、翼が上下に二つある「複葉機(ふくようき)」であることが特徴であった。

飛行機の操縦は、同飛行場所有者で操縦資格を持つ津市の63歳武鹿(ぶしか)照英が担当した。
海からの横風が吹く中、高さを抑えながら飛行すると約100人の関係者から拍手と歓声が上がった。同好会の部長3年の中西亮太は「飛行機が作りたくて同好会に入った。飛んだ時はうれしくて言葉が出なかった」と感激した様子で話した。

いっそ、日本人が世界で初めて作ったICBM風船爆弾と組み合わせ、有人動力飛行機での世界一周を目論んで欲しい。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。