gaYa広告

2017年01月18日

日本の飲食店で売春強要か?カンボジア女性7人保護!

性とメディア

AFPは、カンボジア外務省は2017年01月18日に、日本国内の飲食店で売春を強要されていたとされるカンボジア女性7人が、Facebookを通じて助けを求めたことをきっかけに保護されたと発表したと報告した。

カンボジア外務省が発表した声明によると、全員20代の女性たちは2016年11月に、高収入を約束され国内の飲食店での職を紹介されたという。ビザと渡航費用は飲食店の日本人オーナーが手配したが、オーナーは「女性たちを脅し、客との性交渉を強要。さらに、給与は支払わなかった」という。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

カンボジア外務省の報道官はAFPの取材に対し、女性の1人が在日カンボジア大使館(Royal Embassy of Cambodia in Japan)のFacebookに助けを求める書き込みをしたことにより、事態が発覚し、女性たちは2016年12月中旬に保護されたという。その際、群馬県内の関連機関と連携したという。

保護された女性の1人は健康上の理由で2016年12月にカンボジアへ帰国し、残りの6人は現在都内のカンボジア大使館に留まっており、2017年01月19日には送還される予定だと伝えている。

カンボジア当局は、飲食店オーナーが逮捕または告訴されたかどうかについては明らかにしていない。
これが真実なら、当然逮捕だろう。

昔は、フィリピン・バーが問題になったが、まだこんなことをしている!?

在日カンボジア大使館(Royal Embassy of Cambodia in Japan)のFacebookを見て驚いた。

明日香出版社が、カンボジアのアンコールワットのイラストをベトナム語教科書に使用したと報告している。
明日香出版社は、ベトナムとカンボジアに違いがわからない?

恥ずかしい!

是非、2017年05月03日、04日に、代々木公園イベント広場で開催されるカンボジアフェスティバル2017に参加して、常識を持ってほしい。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。